多摩版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

テーマは「コロナ禍を生きる」 多様な視座で学ぶ

社会

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena

 多摩市内にキャンパスを構える6大学と関戸公民館の共催による「関戸地球大学院」が10月10日(土)から全7回にわたって、同公民館ヴィータホールで開催される。参加無料。

 今年は、新型コロナウイルスの脅威に全世界がさらされ、その影響は今なお続く。そうした中で、グローバル経済の問題、格差や貧困、SNS等によって過激化する差別や暴力など、現代社会にくすぶっている課題が浮き彫りとなった。同講座では、「コロナ禍を生きる」をテーマに、市内6大学から講師を招き、このコロナ禍を未来に向けて生きていく知恵を多様な視座から探る。

 日程とテーマは表を参照。定員は各講70人(先着順)。申込み、問い合わせは同公民館【電話】042・374・9711へ。

多摩市 コロナ禍を生きる「関戸地球大学院」

2020年10月10日〜2020年12月4日

14:00開始 〜 16:00終了

各講(各日)により開始時間異なる

事前申込みが必要

東京都多摩市関戸4-72

費用:無料

問い合わせ先:関戸公民館

TEL:042-374-9711

多摩版のローカルニュース最新6

芝生の上でゆったりヨガ

芝生の上でゆったりヨガ スポーツ

209人が参加 多摩陸で

11月19日号

関戸の葬儀ホールで催し

関戸の葬儀ホールで催し 社会

相談会や特産品の販売も

11月19日号

延べ2万2千人が視聴

オンライン文化祭

延べ2万2千人が視聴 文化

新たな活動発信の場に手ごたえ

11月19日号

花火で市民にエール

花火で市民にエール 社会

サプライズで 多摩川から打上

11月19日号

多摩のカヤ場からみる博物誌

多摩のカヤ場からみる博物誌 社会

旧多摩聖蹟記念館で展示

11月19日号

40万球で幻想的な空間に

40万球で幻想的な空間に 社会

多摩センターイルミネーション

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多摩のカヤ場からみる博物誌

多摩のカヤ場からみる博物誌

旧多摩聖蹟記念館で展示

10月25日~12月20日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク