多摩版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

市制50周年記念 オンラインで「市民文化祭」 地域の学校らが活動発表

文化

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena
製作されたHP画面(https://tamacity-online-bunkasai.com/)
製作されたHP画面(https://tamacity-online-bunkasai.com/)

 多摩市は9月29日、市制50周年記念「みんなでつくる多摩市ONLINE文化祭」を11月7日(土)に動画共有サービス「ユーチューブ」を使って開催することを発表した。新型コロナウイルスの影響で、市内の地域イベントや学校行事が中止・延期となる中、地域の団体や児童・生徒・学生の活動の発表や、新たなカルチャーの発信の場として企画された同イベント。当日は30〜50団体が事前に収録した映像や、生中継による映像が配信される。

 コロナの影響により、オリンピック・パラリンピックが延期となり、市内の地域イベントや学校行事も軒並み中止・延期となっている昨今。今後も、コロナと共生し「新しい生活様式」を取り入れた日常を送らざるを得ないのが現状だ。

 そうした中で、市内の各団体が主催するイベントや発表会などを、オンラインによる市民発信の場として新たに創出し、来年迎える市制50周年への機運を醸成することを目的として、今回の「オンライン文化祭」が企画された。主催するのは、多摩市と市民有志で構成される多摩市市制施行50周年記念市民事業実行委員会「TAMA―BASE」(瀧口寿彦実行委員長)。

 配信は11月7日(土)正午から午後6時までを予定。配信方法は「ユーチューブ」を活用し、今年イベントや学校行事が中止・延期となった団体・学校などを中心に30〜50団体が参加。20分〜40分の50〜80プログラムが予定されている。拠点となるのは、今春多摩センターにオープンした「KDDI LINK FOREST」。ここで生中継や事前収録した映像の配信が行われる。

「オール多摩市で」

 プログラムは現在調整中で、市内各児童館によるドミノ倒し、市主催の健幸まちづくりシンポジウムのダイジェスト、中止となった「永山フェスティバル」の収録ライブ、市制50周年用に制作中の地域の人たちや企業を紹介する動画などがすでに決まっているという。注目のひとつは「オンライン盆踊り2020」。地元自治会と、有名DJやダンサーが共演し、オンライン会議アプリ「Zoom」で視聴者も参加できるプログラムも計画されている。

 視聴、参加料は無料。市では1万人程度の視聴者を想定しており、TAMA―BASEでは市民からの応援を募るクラウドファンディングも予定している。TAMA―BASEの瀧口実行委員長は「コロナ禍でみんながストレスを感じている。それぞれ思いを共有できる空間として企画したら、多くの方々が参加の意思を示してくれた。オンラインだからできる新たなコミュニティができそうで、今からワクワクしている。オール多摩市で盛り上げていきましょう」と抱負を語り、多くの人の参加と視聴を呼びかけている。

多摩版のトップニュース最新6

住民が講師「伝統文化」体験

和田中学校

住民が講師「伝統文化」体験 教育

地域・多摩中が協力

11月19日号

電気設備器具が急増

市内出火原因

電気設備器具が急増 社会

近年多発 多摩署が警鐘

11月19日号

92歳、映画人生で初主演

愛宕在住中山善助さん

92歳、映画人生で初主演 文化

日活俳優 昭和を語る

11月5日号

寄付金・絵本を市・学校へ

中央図書館をつくる会

寄付金・絵本を市・学校へ 文化

「建設・教育に役立てて」

11月5日号

市民と行政、協働で支援を

市民と行政、協働で支援を 社会

永山北公園で「コロナ相談会」

10月22日号

損保会社と包括協定

多摩市

損保会社と包括協定 社会

協働して地域づくりを

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多摩のカヤ場からみる博物誌

多摩のカヤ場からみる博物誌

旧多摩聖蹟記念館で展示

10月25日~12月20日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク