多摩版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

工事フェンスに巨大アート 開館時に制作 キース・へリングと

文化

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
原寸大の絵を掲示=11月19日撮影
原寸大の絵を掲示=11月19日撮影

 現在、大規模改修のため休館中のパルテノン多摩。施設の周辺は工事用のフェンスで囲われているが、大階段前のフェンスに巨大な絵がお目見えした。

 この絵は、パルテノン多摩開館時(1987年)に記念事業として世界的なポップアーティストのキース・へリングを招いて、462人の子どもたちと制作した『ぼくのまち』という名の作品だ。

 パルテノン多摩共同事業体では、現在休館中ではあるものの、市民に施設への興味と、リニューアル後への期待感を持ってもらうと同時に、休館中でも活動を行っていることを知ってもらうことを目的に、今回の作品の掲示を企画。「腕を組みながらみんなで街を楽し気に闊歩する姿は、見ている方を元気づけてくれる。その躍動感や力強さを感じてほしい」と原寸大で掲示されている。

 パルテノン多摩共同事業体は「子どもたちの未来や希望、社会の多様性といったキース・へリングの思いを表したこの作品を多くの方に見てもらえれば。キース・へリングの精神や多様性をテーマにした事業を再開館事業として検討していきたい」と話している。

 なお、同作品の掲示は来年3月頃までを予定しているという。

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

多摩版のローカルニュース最新6

赤ちゃんもママも「労わり」

赤ちゃんもママも「労わり」 社会

寺院でベビーマッサージ教室

10月21日号

来月、写真やスケッチ展

関戸地区で

来月、写真やスケッチ展 文化

10月21日号

作家と振り返る多摩NT

作家と振り返る多摩NT 文化

11月 あすまで受付

10月21日号

「持続可能な多摩」考える

「持続可能な多摩」考える 社会

来月、トークイベント

10月21日号

八王子で「自転車」美術展

八王子で「自転車」美術展 文化

11月23日まで

10月21日号

災害時役立つ調理法学ぶ

災害時役立つ調理法学ぶ 社会

11月 オンライン講座

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook