多摩版 掲載号:2020年12月17日号 エリアトップへ

多摩市消防団 「今後も市民の安心・安全を」 東京都功労者表彰を受賞

社会

掲載号:2020年12月17日号

  • LINE
  • hatena
今後の抱負を語る森久保団長
今後の抱負を語る森久保団長

 10月1日に発表された東京都功労者表彰で、多摩市消防団(森久保芳康団長)が「消防・災害対策」の功績が称えられ、表彰された。

 同表彰は「地域活動功労」「教育功労」など13の分野で、長年にわたりその向上と発展に情熱を注ぎ、都民の模範となる業績をあげた団体・個人に贈られるもの。

 市消防団は、古くは明治初年頃から、消防組を組織したことに始まり、名称・配置・組織変更を経て、1971年に発足。団本部、10分団からなり、12月1日時点で217人が所属している。

 今回は、昨年7月に唐木田で発生したビル火災で消防隊の後方支援に尽力し、東京都ポンプ操法大会で2012年に第6分団が出場し優勝。多摩地区で唯一の「ラッパ隊」が独立して活動していることなどの取り組みが評価されて、受賞に至った。

 森久保団長は「団員の技術、頑張りだけでなく、支えてくれている家族の協力があって団員は活動ができている。それが評価されて感謝したい」と喜びを口にする。市消防団は、これまでに11年に優良消防団として消防長官表彰を受賞するほか、14年には連続放火への長期警戒を行った功労として防災部長から表彰を受けるなどの功績を挙げてきた。また、昨年6月から今年7月にかけて43件出動。昨年の東日本台風の際には、本部は待機し、各分団が受け持ち区域を巡回。倒木や浸水の警戒にあたり、避難指示発令後は対象地域で広報活動に努めるなどの実績を積み重ねてきた。

 今年4月に9代目の団長職に就いた森久保団長。「団長になって、まさかこんな事態になるとは思っていなかった」とコロナ禍での就任に戸惑いもあったという。「新入団員の教育訓練や夏のポンプ操法大会もできなかった。秋から感染対策をしながら通常と形を変えて訓練を再開した。団員、家族の健康に気をつけながら、何が大切かを考えながら活動していきたい」と意欲を見せる。

 「多岐にわたる災害に向けて訓練していかないといけない。『近代消防団』は一人ではできない。優秀な団員が揃っているので、団一丸となって市民の安心安全を守っていきたい」と今後の抱負を語った。
 

多摩版のローカルニュース最新6

新たな2つの事業など発表

新たな2つの事業など発表 社会

市の定例記者会見

6月10日号

「むやみに捕まえないで」

多摩市

「むやみに捕まえないで」 社会

鶴牧西公園のカエル 注意書き新設

6月10日号

魔法陣?の効果はいかに

魔法陣?の効果はいかに 社会

諏訪商店街の貸しスペース 2階増設1年

6月10日号

「お盆の迎え方ご存じ?」

サン・ライフグループが説明会

「お盆の迎え方ご存じ?」 社会

6月10日号

「世界のネコ」写真展

「世界のネコ」写真展 文化

八王子・東京富士美術館で

6月10日号

デジタル化へ第一歩

都市長会

デジタル化へ第一歩 社会

鶴牧の施設で勉強会

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter