多摩版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

関戸在住森田満里奈さん 独自「つまみ細工」で世界に 京王ギャラリーで展示会

文化

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena
作品を手にする森田さん
作品を手にする森田さん

 小さな布を折ったり、つまんだりしながら花などをかたどり、髪飾りなどを彩る伝統工芸「つまみ細工」。江戸時代から伝わるそのつまみ細工を現代風にアレンジした作品を作り続け、注目を集めている人たちがいる。関戸在住の森田満里奈さんと、府中市在住の丹野牧子さんだ。1月7日(木)から13日(水)まで京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店7階京王ギャラリーで開催される「つまみ細工ときもの展」で2人の作品が展示される。

 作者の森田さんと丹野さんは、小学生の頃からの幼馴染み。2人がつまみ細工を作り始めたきっかけは、約2年前。丹野さんの娘が成人式で着る晴れ着に合わせる髪飾りを探していたが、希望に沿ったものが見つからなかった。そこで、自分たち好みのものを作ろうと、本を見ながら制作すると、納得の逸品が完成。娘や友人からも大好評だった。

 転機となったのは、そのすぐ後に、今回一緒に展示会を行う大竹たま江さんの着物コレクションのイベントを見に行ったこと。森田さんが着けていた自作の髪飾りが大竹さんの目に留まり、一緒にやろうと誘われた。

 そして昨年初めて展示会に参加。そこに来ていたお客さんの要望で、教室を開くと評判が口コミで広がり、着物のスタイリストから撮影で使わせてほしいと依頼を受けた。すると今年の新春特番で女優の広瀬アリスさんが髪飾りを着けて出演し、作品がTVデビュー。また、海外に住んでいる友人に作品を送ると、SNSでアップされ、瞬く間に海外で注目を集めるようになり、パリで開かれている日本文化の総合博覧会「JAPAN EXPO WABISABI」の2021年の出展依頼も受けた。

 「見よう見真似で自分たち流に作ったら、かわいいのができて楽しくなって。伝統文化ではあるけど、今風にアレンジして、普段使いしやすいようにと独自の作り方をしています」と笑顔で話す森田さん。今回の展示会でも、髪飾りなどの他に、現代風にアレンジしたピアスやブローチなど約20種類の展示を行う。

 魅力は自由自在に好きな形を作れること。「着物の切れ端や、おばあちゃんやお母さんが大事にしていたけど使わなくなった着物などをリメイクして、取っておくこともできるのも良い」と話す。作品がいろいろな所で注目され始めたものの、変わらないのは作品づくりへの思い。「一つずつ思いを込めて作っている。世界にひとつだけのものを作っていきたい」と抱負を語った。

思いのこもった作品の数々
思いのこもった作品の数々

<PR>

多摩版のトップニュース最新6

多摩市にも「SDGs」の声

多摩市にも「SDGs」の声 社会

行政や一部企業 理念採用へ

6月24日号

学生発案「回遊プラン」支援

多摩市など

学生発案「回遊プラン」支援 経済

官民学連提携し、場づくり

6月24日号

フレイル予防拠点を開設

市内医療財団

フレイル予防拠点を開設 社会

関戸に「啓発していく」

6月10日号

本殿など修復へ

関戸熊野神社

本殿など修復へ 社会

来年6月の完成目指す

6月10日号

貧困家庭などを食料支援

市内ネットワーク団体

貧困家庭などを食料支援 社会

来月初開催 「継続していく」

5月27日号

定数2に4人出馬か

都議選南多摩区

定数2に4人出馬か 政治

投開票は7月4日

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter