多摩版 掲載号:2022年1月6日号 エリアトップへ

周年・市民事業グループ 取組通じ、若年層に繋がり 旗振り役 「コツは1本釣り」

社会

掲載号:2022年1月6日号

  • LINE
  • hatena
同グループが手がけた「映像で綴る50の物語」の画面
同グループが手がけた「映像で綴る50の物語」の画面

 多摩市市制施行50周年を記念した市民事業を進める市民グループ「TAMA-BASE」(50周年記念市民事業実行委員会)の活動が市内若年層の結びつきを生んでいるようだ。記念ビールの企画やラジオ動画の配信など、その活動は新たなコミュニティから生まれている。

 TAMA-BASEは2018年、市が50周年を迎えるにあたり、記念事業に取り組む団体として設立。そこで実行委員長として旗振り役を任されたのが落合に住む瀧口寿彦さん(48)。CMや映画の制作などを手がける演出家としての手腕に期待が寄せられ、チームの人選なども任せられたという。

 ただ、瀧口さんは地元出身者ではあるものの、仕事の関係もあり、長く都心在住。多摩との関わりは少なかったことから事業を企画するにあたり、チームのメンバー集めから始めたという。市内を探るなか、念頭にあったのが、若く、面白い活動をしている人。その視点をもって知人の紹介を重ねていくうちに現在のコアメンバーともいうべき人たちに出会っていったという。「募集をかけてもあまり集まらないと思ったので一本釣りで。一人ひとりに時間をもらい、活動に誘った。私同様、これまで街と関わりがあまりなかったという方も多いです」と瀧口さんは振り返る。

およそ100人

 これまで多摩市内では、働き盛りの若年層が主となり市民活動に取り組む団体は少なく、一部地域に限られていたが、TAMA-BASEに名を連ねる人は一定の地域に偏らない100人近く。多摩のオリジナルビールづくりや市民がパーソナリティとなるラジオ動画の定期配信を企画するなど、それまで面識がなかったメンバー同士も協力して取り組みを進めているという。「メンバーにはSNSでやりたいことをあげてもらうようにしています。ビールもラジオもそのなかからチームが生まれ事業を進めています」と瀧口さんは微笑む。

 そんなTAMA-BASEが活動の集大成として目指すのが、オール多摩市民での一斉乾杯だ。今夏に多摩ニュータウン通りを歩行者天国にして記念ビール片手に実施したいというプランを考えている。「一斉乾杯のギネス記録をつくりたい。特に子どもたちの記憶に残るものにしたいと思っています」と瀧口さん。そのなかには他の市民グループなども呼び込みたいといい、周年事業としての活動を夏に終えるTAMA-BASEについては「せっかくつながった仲間。今後も何かできればと思うのですが、まだ未定です」

CM制作などにあたる演出家の瀧口さん
CM制作などにあたる演出家の瀧口さん

多摩版のトップニュース最新6

市内の民生委員不足 深刻

市内の民生委員不足 深刻 社会

対策急ぐも 12月に定年者

5月12日号

競技親しむ場生み、50年

多摩サッカー協会

競技親しむ場生み、50年 スポーツ

子どもから高齢者に機会

5月12日号

公共施設に給水スポット

公共施設に給水スポット 社会

4月から 市「マイボトルを」

4月28日号

商店街のデジタル化支援

東京都

商店街のデジタル化支援 経済

上限1千万円 10分の9補助

4月28日号

多摩NTに「新たな活気」

多摩NTに「新たな活気」 社会

交流拠点 人集まる場所へ

4月14日号

阿部氏が「一騎打ち」制す

多摩市長選

阿部氏が「一騎打ち」制す 政治

8842票差 4期目へ

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook