多摩版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

NTを「終のすみか」に 2月 永山でシンポジウム

社会

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
主催する市川さん
主催する市川さん

 多摩ニュータウンを「終のすみか」となる街にするための課題と方法などについて考えるシンポジウムが2月28日(月)、永山ベルブホールで開かれる。

 パネリストは埼玉県・和光市で住民の要介護率を下げる取り組みに関わった経験をもつ埼玉県立大学・副学長の伊藤善典氏と、高齢者の住まいと介護・医療に関する業界紙を発行する高齢者住宅新聞社・社長の網谷敏数氏。また、多摩市市会議員の遠藤ちひろ氏も登壇する。

 シンポジウムは入場無料で先着144人。午後6時30分から8時30分(開場は15分前)。観覧希望者は氏名・住所・電話番号を表記のうえ、メール(【メール】ichi@gb3.so-net.ne.jp)または、FAX【FAX】042・373・1797へ申し込み。問い合わせは主催する多摩ニュータウン終の住処プロジェクト推進会議・市川さん【携帯電話】090・3694・5042。

 このシンポジムを企画したのは豊ヶ丘に住む市川周さん。以前より、多摩ニュータウンを「終のすみか」と呼べる街にするための活動を進めてきたといい、その方法の1つとして介護・看護施設を併設した高齢者向けの住宅をニュータウン内の学校跡地に建設することを提唱してきたのだという。「ニュータウン内には現状、介護施設が少ない。介護・看護施設を併設した住宅をつくり、そこに入居する人、通う高齢者もいる状況を生み出すことができれば、ニュータウン内に活気が生まれると考えています。このシンポがその実現につながれば」と市川さんは話している。

多摩版のローカルニュース最新6

多摩境の谷戸にホタル

多摩境の谷戸にホタル 社会

昨年は7月初旬まで確認

6月23日号

特等席で鑑賞

特等席で鑑賞 社会

和田の特養で演奏会

6月23日号

ボウリングでチャリティ

ボウリングでチャリティ 社会

永山で大会

6月23日号

プロから「走り」学ぶ

プロから「走り」学ぶ スポーツ

八王子で6月30日

6月23日号

外国人に「救急救命」披露

国士大

外国人に「救急救命」披露 社会

エジプトから参加

6月23日号

市50周年記念イベント

市50周年記念イベント 社会

7月23・24日 パルテノンで

6月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook