多摩版 掲載号:2022年4月14日号 エリアトップへ

多摩市副市長に4月1日、就任した 陰山 峰子さん 都内在住 52歳

掲載号:2022年4月14日号

  • LINE
  • hatena

窮地こそ、「私が」

 ○…「私がですか」--。東京都の職員となって30年。副市長就任を打診され、驚いたというのが正直なところだった。都の都市整備や住宅政策の分野を担当してきたことから、多摩ニュータウンとの関わりは深かったが、多摩を1つの街としてみる機会はこれまでなく、就任が決まり眺めた街は「みどりが多く、空が広い」。副市長就任を新たな学びを得られる機会と意気込む。

 ○…人の役に立つ仕事をしたいと公務員を志した。幼いころから、頼まれると断れない性格。しっかり者として頼られることが多く、それは都の職員になってからも。人が嫌がる仕事でも、「仕方がない。私が」と窮地の時こそ先頭に立つ。「必要とされる限り、仕事を続けていきたいと考えているんです」。故郷の静岡県で高齢となっても人のために、と働き続ける父親の姿が背景にはある。

 ○…仕事一筋のなか、40代に入ってからはプライベートにも目を向けるようになった。その1つがテニス。学生時代から運動は苦手だったが、夫に誘われ、渋々始めるといつの間にか生活に欠かせないものに。仲間とラリーを重ね、練習後は一緒に食事へ向かうなど、今では週末の楽しみとして定着している。「仕事と関わりのない友人ができた。それがうれしいんです」

 ○…着任間もない現在、市役所内の各部署に業務の現状や課題についてヒアリングする毎日を送る。市長を支えることと共に任されるのは街を広くPRすること。街の魅力を知ってもらい、若い世代を呼び込んでいきたいとする一方で、長く住み続けてきた市民にも喜んでもらえる街づくりを理想とする。「みんなで一緒に考えていければ」。任期4年。市民のために全力を尽くす。

多摩版の人物風土記最新6

佐伯 秀喜さん

元プロ野球選手で、多摩市内に発足した中学硬式チームの監督を務める

佐伯 秀喜さん

日野市在住 51歳

6月23日号

そうだ ゆうこさん(本名:滝瀬 優子)

小野神社(一ノ宮)に奉仕しながら、画家として活動する

そうだ ゆうこさん(本名:滝瀬 優子)

日野市在住 46歳

6月9日号

飯島 文彦さん

多摩市議会議長に就いた

飯島 文彦さん

和田在住 52歳

5月26日号

高橋 英與さん

多摩ニュータウン・愛宕地区などのコミュニティ再生に取り組む

高橋 英與さん

八王子市在住 73歳

5月12日号

白井 美恵子さん

創立45周年を4月に迎えた多摩市民謡連盟の会長を務める

白井 美恵子さん

連光寺在住

4月28日号

陰山 峰子さん

多摩市副市長に4月1日、就任した

陰山 峰子さん

都内在住 52歳

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook