大和版 掲載号:2011年4月8日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

大和医療ガイド【1】 認知症を防ぐために 取材協力/たなかクリニック

 65歳以上の人口が総人口の21%以上を占める「超高齢社会」の日本。高齢化に伴う認知症患者の増加で問題となっているのが急速なスピードだ。では認知症の進行を抑えるにはどうすれば良いのか。認知症を専門分野の一つとする、たなかクリニックの田中千彦院長に話を聞いた。

まずは早期発見

 認知症の初期症状は本人にも周りの人にもわかりにくく、見逃しがちだ。「少し前のことを思い出せない」「料理や運転のミスが増えた」など、思い当たる人は要注意。日常生活に支障を来すほどでもないので、放置してしまい、中度・重度になってから相談に来る人も多いという。「認知症は早期発見が何より重要です。原因が慢性硬膜下血腫やビタミン欠乏症など治療可能な疾患の場合もあります。少しでも気になったときは健康診断のつもりでご来院ください」と田中院長。必要があればすぐにクリニック内にあるCTで検査が可能だ。

介護の負担軽減

 「4月から大和市介護認定審査会の委員に任命され、介護サービスをより迅速で、より便利に実施されるよう努力しています。患者さん・ご家族・地域・クリニックのサポートの輪を充実させ、ご家族の負担を少しでも減らすことが当クリニックの目標です。花粉症の治療も行っています。気持ちよく生活できるように服薬治療にぜひお越しください」。
 

当日CT検査可能
当日CT検査可能

たなかクリニック

神奈川県大和市桜森3-7-18

TEL:046-200-3322

http://www.zutsuu-tanaka.jp/index.html

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版のピックアップ(PR)最新6件

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も…

腰痛専門の治療院

3月16日号

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

3月16日号

光と演出で阿波おどり堪能

ぞめき大和

光と演出で阿波おどり堪能

3月16日号

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

「やまと屋台村」出店募集

共に支えあう福祉のまちづくりを

住民ひとりひとりの参加を基本に 大和市社会福祉協議会法人化40周年

共に支えあう福祉のまちづくりを

3月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク