大和版 掲載号:2011年6月17日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

考えよう 「住まい」のパラダイムシフト 取材協力/中央林間 (有)藤川建設

 節電と自然エネルギーが改めて注目されている。

 政府は原子力政策を一部転換し、太陽光や風力、バイオマスなどの自然エネルギーによる発電量を増やし、発電コストを2020年までに現在の3分の1程度に引き下げる方針を国際舞台で表明した。そんななか、今夏の電力不足と猛暑予測により、住宅の『省エネ改修』や『節電グッズ』に注目が集まっている。

 こうした「変化」を社会的価値の転換期(パラダイムシフト)と考えているのが中央林間の(有)藤川建設、大工職人の藤川雄悦社長。

 昭和55年に創業し、自然素材の注文住宅で信頼を積み上げ、平成9年にはウレタン断熱パネルの「FPの家」に惚れこみ「FPグループ」に加盟。断熱効率のいいFPの家と太陽光発電の相性に注目し、独自の省エネ住宅を施工している。

 省エネ改修にも力を入れ、太陽光発電やオール電化工事にJAXA(独立行政法人・宇宙航空研究開発機構)のロケットづくりに採用される断熱塗料「ガイナ」を活用するなど、国の補助金活用や環境各賞の受賞などで実績をあげている。

 その藤川社長の故郷は岩手県陸前高田市―。

 東日本大震災で実家は津波に流され、親戚や知人が被災した。その藤川さんは、「内陸のこの辺りに『津波』は来ないが夏の『熱波』はすでに襲来している。だからこそ、光熱費を安くする新築や改修の方法に目を向けるのが賢明」だと話す。

 藤川社長によると、家づくりの基準はもはや坪単価ではなく、停電への蓄電、断水への貯水、地震への耐震・免震、さらに暴風雨や猛暑日など自然環境への対策が重要。そこにデザイン性や機能性を付加すれば豊かで健康的な家づくりが実現できるはずだという。

■(有)藤川建設

大和市中央林間2─8─7【電話】046(276)6504

HPあり
 

エコ住宅を象徴する藤川建設の建築現場
エコ住宅を象徴する藤川建設の建築現場

有限会社 藤川建設

〒242-0007 神奈川県大和市中央林間2-8-7

TEL:046-276-6504

http://www.fujikawakensetu.com

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版のピックアップ(PR)最新6件

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も…

腰痛専門の治療院

3月16日号

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

3月16日号

光と演出で阿波おどり堪能

ぞめき大和

光と演出で阿波おどり堪能

3月16日号

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

「やまと屋台村」出店募集

共に支えあう福祉のまちづくりを

住民ひとりひとりの参加を基本に 大和市社会福祉協議会法人化40周年

共に支えあう福祉のまちづくりを

3月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク