大和版 掲載号:2011年8月26日号
  • googleplus
  • LINE

最先端アートで交流 被災地の親子ら25人が参加

社会

子どもたちと楽しむ永田さん(左から二人目)
子どもたちと楽しむ永田さん(左から二人目)

 芸能界で幅広く活躍する舞台衣装家・永田光枝さん(59歳・大和市渋谷在住)=今号人物風土記=と、宮城県岩沼市で活動するボランティア団体が20日、高座渋谷の民間ホール「清風」に被災地の親子ら25人を招き「アート体験教室」を開いた。この団体は、岩沼市で活動する地元のボランティア団体「がんばッと!!玉浦実行委員会」(武田英之実行委員長)。

 このイベントは、被災地にボランティアで訪れていた永田さんが、「家も流され、こどもたちは遊ぶところもない」という現状を知ったことから、「夏休みの思い出を作ってあげたい」と企画。

 友人の造形作家や演出家など第一線で活躍するアーティストも講師として参加し、新聞やペットボトルを使ったアート教室を行った。子どもたちは自由な発想で、思い思いの作品作りを行った。

 永田さんは、「子どもたちが楽しんでくれたなら、それが一番嬉しい。2回、3回と続けていきたい」と話している。

◆チャリティーコンサート

 大和市音楽家協会主催のチャリティーコンサートが10月2日(日)に保健福祉センターで開催される。

 コンサートは【1】秋の歌を舞台で、【2】古武術に学ぶ楽器奏法、【3】コンサート「鎮魂から祈りへ」、【4】コンサート「復興に寄せて」、【5】シャンソン講座の5部構成。

 10時開演。1コーナー5百円、2コーナー以上で千円。中学生以下無料。チケットは当日購入可能。収益は義援金として朝日新聞厚生文化事業団に送る。

 問い合わせは同会/【電話】046(276)8730へ。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク