大和版 掲載号:2011年9月23日号
  • googleplus
  • LINE

青少年育成や地域活性化の活動をしているNPO法人薫風の代表理事を務める 宍戸 友子さん 福田在住 45歳

”輝き”のクリエイター

 ○…10月に桜丘学習センターでトーンチャイムコンサートを開催するNPO法人薫風の代表理事を務める。2年前からドレミパイプ、コラージュ、空手、アロマなど、青少年育成や地域活性化のために会員の仕事を生かした催しや教室を開催している。「体験もできるので、気軽に優しい響きを聴きに来てください」。

 ○…子育てをしているときに「子どもの将来のために心のケアや良い環境作りをしていきたい」と考えたのがきっかけ。仕事や子育てをしている主婦仲間、10人ほどで活動中。子どもをあやしながら、仕事の合間を見つけながら、短期集中で練習をしている。「時間がないけれど、楽しいと感じられるほどに上達してきました。お客さんにも演奏で何か力を分けてあげられたら」とにっこり。

 ○…夫と息子との3人暮らし。職業はジュエリークリエイター。24年前「女はダメだ」という厳しい職人のもとに何とか弟子入り、4℃などのジュエリーメーカーで経験を積んだ。現在は独立し、自宅アトリエでオーダーメイド品やアーティストとのコラボ作品などを制作している。その傍らで若手の発表の場作りにも協力するなど、仕事でも地域でも面倒見の良い姉御肌な姿を見せる。そんな母親の背中を見て育った中学生の息子も、絵のセンスがあると学校で芸術の道を勧められたという。「本人がそうしたいのなら応援したいですね。でも『表現する』ことを仕事にしても成功できる人は少ないから、無理には勧められないかな」と困りつつも嬉しそうな表情。

 ○…コンサートの後に市外、被災地でも披露することを視野に入れ、練習を進めている。「うまくいったときの達成感や、目標に向かって頑張っていく練習の過程が好き。みんながキラキラ輝くんですよね」。子どもからお年寄りまでみんながより輝ける地域を作るため、今日も主婦と仕事と活動を掛け持ちながら頑張っている。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6件

牛山 保さん

神奈川県央小売酒販組合 大和支部の支部長に就任した

牛山 保さん

3月16日号

阿座上 広希さん

大和リハビリテーション連絡会の会長を務める

阿座上 広希さん

3月9日号

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

日本舞踊「宗柳流みゆき会」の20周年記念大会を2月25日にシリウスで行う

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

2月23日号

加藤 太一さん

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める

加藤 太一さん

2月16日号

大内 一範さん

発足式を終え、活動をスタートさせた大和市消防ドローン隊の初代隊長を務める

大内 一範さん

2月9日号

佐藤 和彦さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チューバ奏者を務める

佐藤 和彦さん

2月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク