大和版 掲載号:2011年9月30日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

医療情報 認知症の新薬を知る 取材協力/たなかクリニック

グループごとに情報交換や悩み相談も行われた
グループごとに情報交換や悩み相談も行われた

 大和市社会福祉協議会主催の第2回介護者教室が9月15日、市まごころ地域福祉センターで開催された。

 今回は「出ました!認知症の新しいくすり」と題して、講師の田中千彦院長(たなかクリニック)がアルツハイマー病の新薬や症状改善のポイント紹介、介護の悩み相談を行った。

15年ぶりの新薬とは

 これまでの内服薬とは違い、新薬は体に貼るパッチ型。海外では14年前から内服薬として利用されており、日本では7月から貼り薬のみで使用が始まった。大きさは百円玉〜五百円玉ほどで目で確認ができるうえ、食事がとれない状態でも投与可能。飲み込めない、拒否する等の問題にも効果的だという。田中院長は「実際に当クリニックで投与中の方のご家族も、確認できるので『今日の分はまだだったかしら』という不安がなくなったそうです。汗ではがれることもなく、乾燥する冬でも保湿すれば肌荒れも防げます」と話す。

症状改善のポイント

 認知症の場合、ほかの病気の要素が複雑に絡みあっていることが多いため、症状をきちんと改善するには複数の原因を同時に治療していかなければならない。「例えば、アルツハイマー病に合併している生活習慣病の高血圧症や脂質異常症は認知症を悪化させますし、脳梗塞が強く関係している人もいます。うつ病などの病気を併発していれば、なお複雑です」

正しい治療のために

 さらに「治療のための適切な判断をするには家族やケアサービス、医師の連携が必要です。気になること、わからないことは気軽に相談しましょう。認知症の原因になりうる病気を早い段階で治療することも大切です」と田中院長。

■たなかクリニック

(内科・脳神経外科)

【電話】046(200)3322

大和市桜森3―7―18

相鉄線・相模大塚駅前
 

たなかクリニック

〒242-0028神奈川県大和市桜森3-7-18

TEL:046-200-3322

http://www.zutsuu-tanaka.jp/index.html

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版のピックアップ(PR)最新6件

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も…

腰痛専門の治療院

3月16日号

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

3月16日号

光と演出で阿波おどり堪能

ぞめき大和

光と演出で阿波おどり堪能

3月16日号

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

「やまと屋台村」出店募集

共に支えあう福祉のまちづくりを

住民ひとりひとりの参加を基本に 大和市社会福祉協議会法人化40周年

共に支えあう福祉のまちづくりを

3月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク