大和版 掲載号:2011年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

大和南高女子バレー 11度目の「春高」へ “絶対的エース”不在も総合力で県準V

春高出場を決め笑顔の選手達
春高出場を決め笑顔の選手達

 『春高バレー』の愛称で知られる全日本選手権大会への予選会を兼ねた「神奈川県高校バレーボール選手権大会」の決勝戦が13日に藤沢市の秋葉台体育館で行われ、大和南高校女子が準優勝。8年連続11回目となる春高への出場を決めた。

 同大会女子の部には県内から150校が出場。75校ずつ2つのブロックに分かれトーナメント戦を行い、2枚の全国切符を争った。

 大和南は霧が丘との初戦を25対5、25対9と圧勝すると、その後も1セットも失わない磐石の試合運びで勝ち上がり、市立橘との決勝戦に進出した。両校の対戦は互いの意地がぶつかる接戦となったものの、セットカウント2-1で市立橘が勝利。大和南は準優勝となった。

 今春から指揮を執る井上和昭監督は、準優勝という結果に「優勝できなかったのは残念だが、レギュラーが大会直前に怪我をするアクシデントがあったことを考えれば、選手達は良くやったと思う」と話す。今のチームには今春同校を卒業し、Vリーグ・東レアローズに進んだ二見梓選手のような「絶対的エース」はいない。しかし、春校を経験している3年生の北村千花選手を中心に、粘り強くボールを拾って全員で点を取るスタイルは確立されている。また、金目中学校(平塚市)時代に全国大会でベスト8入りを果たしたリベロの若松佳奈美選手、ライトの福田春奈選手の1年生2人の加入も大きいという。

 「エースがいなくてもチーム全体の総合力は向上している。春高には万全の体制で臨み、粘りの全員バレーで初のベスト4進出を目指したい」と井上監督は話している。

 春高バレーは12月4日に抽選会があり、本大会は平成24年1月5日から9日まで東京体育館で開かれる。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6件

鶴間台が初優勝

ママさんバレーやまゆり杯

鶴間台が初優勝

3月16日号

乗換改札機が新設

相鉄線大和駅

乗換改札機が新設

3月16日号

「大和(カリフォルニア)」を先行上映

YAMATO映画祭

「大和(カリフォルニア)」を先行上映

3月9日号

「北のまち」拠点として開業

東急中央林間ビル

「北のまち」拠点として開業

3月9日号

受診率向上へ住生と協定

大和市がん検診

受診率向上へ住生と協定

3月2日号

大和で語る、あの日の記憶

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク