大和版 掲載号:2012年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

大和市と法曹関係4団体 災害時に協力体制 速やかに相談窓口開設へ

社会

大木市長と4団体の代表
大木市長と4団体の代表

 大和市は12日、大和法曹会(橋田宗明会長)、神奈川県司法書士会厚木支部(二見吉明支部長)、東京地方税理士会大和支部(石田宏一支部長)、神奈川県行政書士会大和・綾瀬支部(笹森浩史支部長)の計4団体と、災害時における専門相談に関する協定書を結んだ。

 協定には、災害時に大和市が法律などの専門相談窓口を開設する際の実施方法などが盛り込まれている。

 阪神淡路大震災や東日本大震災の被災地では、倒壊した建物の登記や損害・生命保険、税制上の特例措置など、法律や登記、税などの専門知識が必要となる相談が多数生じた。

 このことから大和市では、災害時に市民が安心できる相談窓口を速やかに構築するため、今回の締結に至ったという。

 大木市長は「災害時には、専門家でないと分からないさまざまな相談がくると思う。今回の締結は市民にとって大きな安心感を与えるものとなる」と、4団体の代表に感謝の意を伝えた。
 

大和版のローカルニュース最新6件

3月16日開業を発表

イオンモール座間

3月16日開業を発表

2月16日号

図書自動返却機の裏側

文化の恒星を行く3

図書自動返却機の裏側

2月16日号

困窮者の暮らし考える

全国から「美」ずらり

本番さながらの緊張感

多数傷病者事故対応訓練

本番さながらの緊張感

2月16日号

認知症でも「活躍できる街」に

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク