大和版 掲載号:2012年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

スポーツ 輝き放つ選手が続々 大木市長に成果報告

空手

 昨年に川崎市で開催され、全国から1024人が出場した「全日本ジュニア空手道選手権大会」で準優勝した細矢秀太くん(西鶴間小2年)と伊澤笙くん(大和中3年)がこのほど、大木市長を表敬した=写真。

 2人は市内鶴間の「フルコンタクトカラテスクール」(佐野光哉師範)に所属。伊澤くんは「初戦から手強い選手が多かったが、日頃の練習の成果を出せた」と話し、細谷くんは「悔しい気持ちをばねに、来年は優勝したい」と抱負を語った。

 大木市長は「スポーツを通じて学ぶことは多い。今回の経験を活かして、これからもがんばってほしい」とエールを送った。

軟式野球

 3月23日に開幕する「全日本少年春季軟式野球大会」に県代表として初出場するつきみ野中学校(森一司校長)軟式野球部の選手が7日、大和市役所を訪れ大木市長に出場報告した。

 この日、市役所を訪れたのは、森校長、小澤裕之監督、宇野安昭主将(2年)をはじめとした選手3人の計5人。宇野主将は「県予選でできた全員野球が全国大会でもできるように頑張りたい。目標は、全国ベスト4です」と意気込みを語り、大木市長と固く握手を交わした。

 同大会は、中学年齢層のクラブチームの大会。今年は3月26日まで静岡県で開催され、つきみ野中は24日、富山代表の氷見北部中学校と一回戦で対戦する。

女子サッカー

 女子サッカーチーム「大和シルフィード98」(加藤貞行代表)が、1月に開催された「県女子中学生サッカー大会」と、7カ月かけて開催された「県女子ユースサッカーリーグ」で優勝したことを受け、大木市長が19日に同チームを訪問。記念品を贈呈した=写真。

 大木市長は「川澄選手らOGの選手達も喜んでいると思う。さらなる舞台に向けて今後も頑張ってください」と激励した。
 

つきみ野中野球部の生徒たち
つきみ野中野球部の生徒たち

大和版のローカルニュース最新6件

3月16日開業を発表

イオンモール座間

3月16日開業を発表

2月16日号

図書自動返却機の裏側

文化の恒星を行く3

図書自動返却機の裏側

2月16日号

困窮者の暮らし考える

全国から「美」ずらり

本番さながらの緊張感

多数傷病者事故対応訓練

本番さながらの緊張感

2月16日号

認知症でも「活躍できる街」に

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク