大和版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

第4地区再開発事業 ビル建設に向け着々 組合の特定業務代行者募集に5件の応募

経済

 大和駅東側第4地区の再開発組合(蒲生文衛理事長)がこのほど、ビル建設などを担う特定業務代行者を募集。2月15日までに5件の応募があったことが分かった。この事業のこれまでの経緯と現状、課題をまとめた。

 この再開発事業は、2007年にできた大和駅東側第4地区市街地再開発組合が、大和駅東側に広がる住宅や店舗、神社などを取り壊して新たなビルを建設する民間事業。36人の地権者には大和市も含まれている。

 2006年に都市計画決定され、翌年には大手住宅ディベロッパーの主導で商業施設やマンションが整備される計画だったが、資材高騰やビルフロアの買い取り価格下落により採算面に問題が生じ、計画の見直しを余儀なくされていた。

 この事態を重く見た大和市は、2009年に公益施設を核とした事業計画の検討を再開発組合に提案。組合がこれを受け入れたことで計画が再び動き出した。

 市はこれまで懸案となっていた芸術文化ホールと、建設から29年が経過した市立図書館、生涯学習センター、さらには子育て支援施設などを整備する計画案を策定。整備費の総額を109億円と試算した。

 この計画案は昨年9月に公表され、パブリックコメント(市民意見公募手続)を経て、このほど正式な基本計画として策定された。昨年12月議会では、この計画案について大木市長が「大幅な修正は不要」と述べ、整備推進に強い意欲を示していた。

 今年1月31日には、公益施設部分の保留床取得について、市と組合が覚書を締結。2月1日からはビル建設などを担う特定業務代行者の募集が行われた。

 組合側によると、募集を締め切った2月15日までに企業と共同企業体を含む5件の応募があった。組合は5月末までにこの中から特定業務代行者を決め、今夏をめどに建物の基本的な設計に着手する見通し。

 平成26年度末までに完成する予定のこのビルは、フロアの大半を大和市が買い取る予定にしているが、関連する予算措置には市議会での議決が不可欠。

 さらに、特定財源の確保や財政負担の平準化、既存施設の扱い、大和駅周辺に点在する市有地の活用方法など課題が山積している。一方で相当数の議員がこの再開発事業に対して慎重な姿勢を公言していることからも、市や組合には、より丁寧な説明と積極的な情報開示が求められそうだ。
 

大和版のトップニュース最新6件

駐輪場シェア企業と協定

大和市

駐輪場シェア企業と協定

2月16日号

交通事故、16年ぶり増加

2ペアが全国へ

大和ジュニアソフトテニスクラブ

2ペアが全国へ

2月9日号

救急出動、過去最多

大和市

救急出動、過去最多

2月9日号

地ビール業界に革新

メイクラフト株式会社

地ビール業界に革新

2月2日号

インフル 警報レベルに

大和市

インフル 警報レベルに

2月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク