大和版 掲載号:2012年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

「6次産業」に新規参入 都市型農業の発展へ試金石

親子3代で切り盛り 右が関水優子代表
親子3代で切り盛り 右が関水優子代表

 大和市福田でいちご農園を経営する「株式会社ピュールアイ」(関水優子代表)が2月29日、農林水産省の6次産業化法にともなう総合化事業計画の認定を受けた。神奈川県としては5例目、市内では初となる。

 「6次産業」とは国が進める新たな産構造で、1次産業(生産)×2次産業(加工)×3次産業(流通)=6次産業という考え方。農林水産業者が原材料供給者としてだけではなく、自ら加工し、流通や販売に取り組む経営の多角化を進めることで、雇用確保や所得の向上を目指すもの。

 6次産業化法は、平成23年3月に施行され、事業者の募集を開始。これまでに全国で698件が認定を受けている。

 国は、6次産業化を進めるにあたり各都道府県にサポートセンターを設置し、申請に向けた事業構想、資金計画などの具体化を支援する。さらに認定した事業者には、融資の優遇や新商品の開発や販路開拓などに対する支援も行う。

 関水さん一家は代々トマトなどを栽培してきた野菜農家だったが、男性の働き手がいなくなり20年間畑を放置してきた。2年前に女性だけでも栽培が可能ないちごの高設栽培とめぐり会い、祖母、母、娘の3世代でいちご農園を開業した。南林間にいちご専門店「ストロベリースタジオ」をオープンさせ、いちごの直売といちごを使った焼き菓子も販売している。

 今回認定された事業は、乾燥させたいちごを使った新商品の開発と販売事業。乾燥室を整備し、これまで形が不揃いなどで廃棄処分していたいちごを乾燥させ、新たな食材として有効活用していく計画だ。

 関水さんは「大和市の特産品作りにも役立てていきたい」と話している。
 

大和版のトップニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク