大和版 掲載号:2012年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

相鉄グループ関連会社 土地利用を検討 大和駅東側プロム沿道の約3千平方メートル

政治

大和駅東側にある民間駐車場この土地の利用が検討される
大和駅東側にある民間駐車場この土地の利用が検討される

 相鉄グループの資産保有事業会社が、大和天満宮周辺で計画されている再開発事業と並行して、大和駅東側のプロムナード沿道に所有する土地の利用について検討に入ることがこのほど明らかになった。

 約3千平方メートルのこの土地は、大和駅東側プロムナードの南側沿道にある鉄道敷跡地で、現在は民間駐車場「タイムズ大和プロス第1」として利用されている。

 土地の所有者は、(株)相鉄アーバンクリエイツ(稲本信也代表取締役社長・本社/横浜市西区)で、本紙の取材に同社は「1年程度をかけて再開発事業と連動した土地利用の可能性について調査検討していきたい」としている。

 同社の動きは、21日の大和市議会定例会の本会議で大木市長が社名を明らかにしたうえで言及。「まちづくりの呼び水になるのでは」と期待感を示した。

これまでの動き

 大和駅から約250m東側にある大和天満宮周辺で進む再開発事業は、2006年に大和市が都市計画決定し、07年に設立認可を受けた「大和駅東側第4地区市街地再開発組合」(蒲生文衛理事長)が進めている。

 組合には権利者として相鉄グループの同社や大和市など36人が参加し、計画地内最大の約2600平方メートルを同社が所有している。

 再開発事業では、約9300平方メートルの計画地に14階建ての集合住宅と4階建ての商業・公共施設を整備する計画だったが、資材高騰などにより08年夏ごろから計画がとん挫していた。

 同じ時期に芸術文化ホールの建設場所を検討していた大和市が、09年10月にこの再開発計画地をホールの建設候補地とすることを決め、公益施設を中心とした事業計画を組合側に提案。同年11月に組合が受け入れを決めた。

 その後、市では10年8月に庁内11課で構成する庁内検討会議を設け、11年5月までに芸文ホールを含む公共施設の基本計画案を策定。9月から10月にかけて市民意見公募手続を実施し、今年1月31日に組合側と保留床取得に関する覚書を締結した。

 12年度の当初予算には施設を管理運営する際の基本計画を策定する予算として600万円を計上した。

 組合では、今年2月にビル建設などを担う特定業務代行者を公募。5月末までに事業者を選定し、夏以降にはビルの基本設計や権利変換などを進め、13年度に着工、14年度中の竣工・開館を目指している。

今後の焦点

 相鉄による自社土地の活用は再開発事業の実現が前提となっている。

 今後予定される109億円とされる保留床取得予算の議会審議が、事業の成否を左右する。そのため、依然として根強い議会内の慎重論に行政がどう応えるかが最大の焦点となる。
 

大和版のトップニュース最新6件

駐輪場シェア企業と協定

大和市

駐輪場シェア企業と協定

2月16日号

交通事故、16年ぶり増加

2ペアが全国へ

大和ジュニアソフトテニスクラブ

2ペアが全国へ

2月9日号

救急出動、過去最多

大和市

救急出動、過去最多

2月9日号

地ビール業界に革新

メイクラフト株式会社

地ビール業界に革新

2月2日号

インフル 警報レベルに

大和市

インフル 警報レベルに

2月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク