大和版 掲載号:2012年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

R38ママへ 「やりたかったこと」講座に つきみ野学習センターで5月8日から

社会

つきみ野学習センターの職員。右が青木さん
つきみ野学習センターの職員。右が青木さん

 大和市北部のつきみ野学習センターが、子育て中の30代後半から40代の母親をターゲットにしたユニークな連続講座を開催する。

 講座の題名は『シンデレラ・ママ』と『R38の集い』。

 5月8日(火)から始まる『シンデレラ・ママ』は、絵本選びのコツや遊びなどが学べるほか、アロマレッスンやキッズパーティーのプロデュース方法を組み込んだ。さらに子育て目線の防災講座など社会的な課題とも正面から向き合う。

 6月20日(水)からの『R38の集い』は、抹茶や浴衣の基礎知識、帯の結び方、さらに「ハンサムボディー」を目指しつつ、子どもとの遊びや安全についても学ぶ。

 こうした企画の立案や実施に携わるのは、つきみ野学習センターの社会教育指導員、青木万理子さん。高校生と大学生の娘をもつ母親でもある青木さんは「子育ての時期に私がやりたかったことをチョイスしてみました。それぞれのプロを招きつつも気軽に楽しんでもらえる内容になっています」と参加を呼び掛ける。

 大和市によると、青木さんのような社会教育指導員は、生涯学習センターをはじめ、つきみ野、林間、桜丘の4カ所に配置されている。いずれも30代から40代の子育てを経験した女性で、各学習センターでは子育て中の母親を対象とした各種講座を開催している。

 『シンデレラ・ママ』(全6回)は2〜6歳までの子を持つ母親。定員20人。『R38の集い』(全5回)は5カ月〜1歳までの母親。定員15人。つきみの学習センターの講座に関する問い合わせは、同センター/【電話】046・275・0088へ。
 

大和版のローカルニュース最新6件

3月16日開業を発表

イオンモール座間

3月16日開業を発表

2月16日号

図書自動返却機の裏側

文化の恒星を行く3

図書自動返却機の裏側

2月16日号

困窮者の暮らし考える

全国から「美」ずらり

本番さながらの緊張感

多数傷病者事故対応訓練

本番さながらの緊張感

2月16日号

認知症でも「活躍できる街」に

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク