大和版 掲載号:2012年6月29日号
  • googleplus
  • LINE

あーすぷらざ「ショートムービーコンテスト」で金賞を受賞した 藤本 忠生さん 上和田在住 40歳

こころに届く、こころに残す

 ○…『映像だから伝えられること』をテーマに、神奈川県立地球市民かながわプラザ「あーすぷらざ」主催の映像コンテスト自由部門で金賞を受賞した。受賞作品『みーつけた!!』は、5分間の短編で2年前に撮影したもの。当時小学5年生だった息子さんが演じる主人公が、大和市内でかくれんぼをしながら、友だちを探していく物語。泉の森などの風景も散りばめられている。「初めて知る人には新鮮で、住んでいる人には当たり前の美しい大和が伝われば」と微笑む。

 ○…テレビ朝日『ニュースステーション』などを始め、番組の企画、演出を手掛けてきた敏腕映像ディレクター。昨年11月に中央林間に映像制作会社を立ち上げ、「中小企業や個人のための映像作り」を提案する。七五三などの身近な記念日を、こころに残す作品に仕上げる。「携帯電話で動画の撮影ができる時代。プロの演出力が試される」と意気込む。

 ○…桜丘小、上和田中、大和東高と生まれも育ちも大和。6歳の時、映画館で見た『スターウォーズ』が原点。「面白い映画を作りたい」と夢を抱き続け、映画学校への進学を希望するも受験に失敗。卒業も迫った春、陸上自衛隊に誘われた。「写真中隊ならカメラに触れるかも」と入隊を決めた。ただ技術よりも体力勝負の世界。訓練に挫けそうになりながらも、重いカメラを担ぎ、西へ東へ奔走した。演出のセンスに一目置かれ、天皇の即位式の撮影にも参加した。「映像を本業にしよう」と20歳で除隊、テレビの世界へ飛び込んだ。

 ○…4年前から横浜を拠点に活動する小劇団「スタジオソルト」で裏方を担当。昨年、初めて役をもらい舞台に上がった。「鳥肌が立った。病みつきになりそう」と笑う。現在は本業に専念するために退団したが「映像と演劇、タッグを組んだら…」と企画はつきない。「いつも新鮮で柔軟に。味がある人生でありたい」と微笑んだ。
 

大和版の人物風土記最新6件

加藤 太一さん

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める

加藤 太一さん

2月16日号

大内 一範さん

発足式を終え、活動をスタートさせた大和市消防ドローン隊の初代隊長を務める

大内 一範さん

2月9日号

佐藤 和彦さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チューバ奏者を務める

佐藤 和彦さん

2月2日号

齋藤 正果(まさかつ)さん

シリウスでは初開催の生涯学習センターまつりで実行委員長を務める

齋藤 正果(まさかつ)さん

1月26日号

本山 勇次さん

第60回大和市駅伝大会で特別表彰を受けた

本山 勇次さん

1月19日号

横澤 高太郎さん

今年40周年を迎える大和青年会議所の理事長に就任した

横澤 高太郎さん

1月12日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク