大和版 掲載号:2012年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

大和駅東側第4地区 施設イメージ公表 整備費推定は15億円増の124億円に

社会

東側プロムナードから見た複合公共施設の全体像(図右奥は大和天満宮方面)
東側プロムナードから見た複合公共施設の全体像(図右奥は大和天満宮方面)

 大和市は21日、大和天満宮周辺で計画が進む大和駅東側第4地区再開発事業地に民間組合が建設を予定する、複合公共施設のイメージ図などを市のホームページ上で公表した。 大和市が公表したのは、再開発組合が8月7日に基本契約を交わした特定業務代行者、清水建設・佐藤総合計画共同企業体(以下、清水・佐藤JV)が応募時に提案した資料の一部。資料には、地下1階・地上5階建ての内観や外観、具体的な施設構造などがイメージとともに示されている。

 市によると、特定業務代行者の公募には大手JV4者が応募。4者は、大和市が今年2月に策定した「大和駅東側第4地区公益施設基本計画」をもとに施設構成や設計提案、総工費の試算など提案書にまとめた。

 この提案を組合が審査して、清水建設・佐藤総合計画JVを選んだ。

イメージをもとに

 公表した提案書について大和市は「特定業務代行者が公募時に提出したもので、現時点で確定したものではない」としているが、イメージ図などの提案内容をベースに今年12月までに基本設計、来年5月までに実施設計が行われる予定。

 市では今後、大和商工会議所や近隣自治会に事業の状況などを説明し、その際に施設への意見も収集する考えで、「可能なものは設計に反映させる」としている。一般市民に向けては「要望があれば出向いて説明したい」としている。

2番目の金額

 特定業務代行者に応募した大手4JVが示した施設の総工費は「76・4億円」、「77・1億円」、「89・7億円」、「93・2億円」と、最大で17億円の開きがあったことが本紙の取材で明らかになった。

 この中で清水・佐藤JVが示した総工費は「89・7億円」で、応募4者の中で2番目に高い金額だった。

 市が今年2月に策定した施設基本計画では、公共施設整備費を109億円と推定し、このうち施設の総工費は74億円と見込んでいたが、清水・佐藤JVが示した総工費はこれよりも15・7億円高かった。

 これにより現時点での整備費の推定が、単純計算で基本計画策定時の約109億円から、約124億円に増加していることになる。

 これについて市では「総工費だけが判断材料ではなく、施設内容やメンテナンスなど総合的な審査を経て選ばれた」としている。整備費の推定額が増加したことについては「今後の施設設計のなかでコストダウンに向けた交渉をしていく」としている。

 この複合公共施設には、800席と400席の文化ホールと図書館、子育て支援施設、市役所連絡所などが整備される予定。

今後の見通し

 今後は、12月までに基本設計を終え、来年5月に実施設計、地権者の権利変換手続きを経て、来年秋には既存建物の解体に着手し、2015年3月に竣工・開館する予定。

 この間、焦点となるのは、事業への批判がくすぶる市議会での関連予算審議だが、本格的な審議や議論は今年12月か来年3月の議会定例会になる見通し。
 

大和版のトップニュース最新6件

駐輪場シェア企業と協定

大和市

駐輪場シェア企業と協定

2月16日号

交通事故、16年ぶり増加

2ペアが全国へ

大和ジュニアソフトテニスクラブ

2ペアが全国へ

2月9日号

救急出動、過去最多

大和市

救急出動、過去最多

2月9日号

地ビール業界に革新

メイクラフト株式会社

地ビール業界に革新

2月2日号

インフル 警報レベルに

大和市

インフル 警報レベルに

2月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク