大和版 掲載号:2012年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

大和市立病院 がん体験者が患者支援 新事業「ピアサポート」を開始

社会

大和市立病院
大和市立病院

 大和市立病院(五十嵐俊久院長)で今日、9月7日から、がん体験者による「ピアサポート」事業が始まる。神奈川県と協働するNPO法人が「ピアサポーター」と呼ばれる相談員を週に1回、同院に派遣する。

 ピアサポートとは、同じような境遇やよく似た体験をもつ人どうしが助け合うことを意味する英語。この事業では、がん体験者が、がん患者とその家族を支援することをあらわす。

 ピアサポーターと呼ばれる相談員は、相談に訪れたがん患者や家族などの不安や悩みなどに耳を傾けるほか、科学的根拠に基づくがんの情報を伝えることも重要な役割。治療や看護、各種支援制度などを把握したうえで、患者と同じ、がん体験者の視点から不安解消をサポートする。

 このピアサポーターを市立病院に派遣するのは、東京都文京区に拠点を置くNPO法人キャンサーネットジャパン(岩瀬哲理事長)。同法人は、東京を拠点にがん患者支援を展開し、2010年7月から神奈川県がん対策課と相談支援にかんする協働事業を開始した。

 同年に相模原協同病院と横浜市中区の民間施設の2カ所、昨年10月からは横須賀共済病院でも事業を始め、2人体制の相模原協同病院では年間195人の患者が利用している。県では「患者や医師からの評判も上々で利用件数も伸びている」としている。

 「がん診療連携拠点病院」の指定を今年4月に受けた大和市立病院では、指定を機にがん患者向けの新たな相談事業を模索していた。

毎週金曜日に開設

 ピアサポートは相談無料で予約不要だが、電話相談は不可。毎週金曜日午前10時から午後2時半まで。

 同院に派遣されるピアサポーターは、NPOが実施する半年間の研修を修了した、乳がん経験者の50代女性。がん全般に対応できる。

※大和市立病院/【電話】046・260・0111
 

大和版のトップニュース最新6件

駐輪場シェア企業と協定

大和市

駐輪場シェア企業と協定

2月16日号

交通事故、16年ぶり増加

2ペアが全国へ

大和ジュニアソフトテニスクラブ

2ペアが全国へ

2月9日号

救急出動、過去最多

大和市

救急出動、過去最多

2月9日号

地ビール業界に革新

メイクラフト株式会社

地ビール業界に革新

2月2日号

インフル 警報レベルに

大和市

インフル 警報レベルに

2月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク