大和版 掲載号:2012年9月28日号
  • googleplus
  • LINE

大和ちょい呑みフェスティバルの実行委員長 佐々木 正之介さん 中央在住 39歳

大和の街を熱く楽しく

 ○…大和駅周辺ではしご酒を楽しめるイベント「大和ちょい呑みフェスティバル」の実行委員長を務める。今年2月に藤沢、6月に南林間で行われた同イベントに参加。ほろ酔い気分で楽しそうに街を歩く人々の姿を見て、「大和でもやりたい」と心に決めた。最初は親しい飲食店有志で計画したが、気付けば仲間が増えていったという。7月には実行委員会を立ち上げ、即座に10月開催を決定した。「追い込まれないと動けない性格だから」と笑う。

 ○…寿司屋の長男として桜ヶ丘に生まれる。父親の背中を見て育ったせいか飲食業への憧れが強く、高校を中退して都内の割烹料理店に修行に入った。「昔からの職人気質が残る世界。最初はつらかったね」と苦笑する。しかし、早く一人前になるため、空いている時間は全て修行に充てた。その後も和食を中心に研さんを重ね、34歳で「居酒屋わっぜ」を大和南にオープン。現在は市内に4店舗を構えるまでに。運営は各店の店長に任せているそうで、「ウチで学んだことを活かして、独立してくれるのが一番うれしい」と微笑む。

 ○…1歳の長男・太陽君と奥様との3人暮らし。仕事柄、午後に出勤して深夜に帰宅する生活。なかなか一緒にいられないからこそ、子どもと遊ぶのが一番の息抜きだとか。「朝4時に帰宅しても、7時には起こされちゃうから大変だよ」。そう言いながらも頬は緩みっぱなし。休みの日には一日中、じゃれあっているという。「子育てを任せっきりの嫁さんにも感謝しなきゃね」と照れ笑い。

 ○…今の目標は「ちょい呑み」を成功させること。チケットの販売目標は三千枚。完売を目指してPR活動にも余念がない。「大和は面白いお店、おいしいお店がいっぱいある熱い街。それを認識できるイベント。来てくれた人が満足して帰ってもらえるよう、気を抜かずに頑張りたいです」。温和な表情がキリリと引き締まった。
 

大和版の人物風土記最新6件

加藤 太一さん

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める

加藤 太一さん

2月16日号

大内 一範さん

発足式を終え、活動をスタートさせた大和市消防ドローン隊の初代隊長を務める

大内 一範さん

2月9日号

佐藤 和彦さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チューバ奏者を務める

佐藤 和彦さん

2月2日号

齋藤 正果(まさかつ)さん

シリウスでは初開催の生涯学習センターまつりで実行委員長を務める

齋藤 正果(まさかつ)さん

1月26日号

本山 勇次さん

第60回大和市駅伝大会で特別表彰を受けた

本山 勇次さん

1月19日号

横澤 高太郎さん

今年40周年を迎える大和青年会議所の理事長に就任した

横澤 高太郎さん

1月12日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク