大和版 掲載号:2012年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

落語で伝える笑顔の力 人権を考えるつどい

教育

講師を務める樋口強さん
講師を務める樋口強さん

 大和市と市人権擁護委員会が主催する「人権を考える集い」が12月9日(日)に保健福祉センターホールで開催される。午後1時から午後3時半まで。

 当日は2部構成。1部は今夏に大和市内の中学生を対象に募集した「人権作文コンテスト」と「人権ポスターコンテスト」の表彰式を行う。2部は人権講演「笑って生きる三つの知恵」。講師に『羽太楽家はじ鶴(はたらくやはじかく)』の高座名で、落語家としても活躍する樋口強さん(60)を招く。

 樋口さんは1996年に生存率の低い肺小細胞がんを発症。手術と抗がん剤治療により乗り越え、後遺症である全身のシビレと戦いながら、2001年から毎年、全国のがん患者と家族を招き「いのちに感謝の落語独演会」を開催している。また「いのちの落語」(文芸春秋刊)や「生きてるだけで金メダル」(春陽堂書店刊)など著書も多数。

 定員は先着400人で入場無料。申し込み・問い合わせはは市国際・男女共同参画課/【電話】046・260・5175へ。
 

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク