大和版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

楽器の魅力を探検 子ども70人が参加

文化

「音が出るかな?」
「音が出るかな?」

 大和市芸術文化振興協会(小林三夫会長)による「お届け楽器探検隊」が8日、大和市生涯学習センターで開催された。深見中原子ども会を中心に大和小学校と大和東小学校地区の9自治会、子ども70人が参加した。

 このイベントは、子ども達に本物の楽器に触る機会をつくろうと、大和市市民活動推進基金「はぐくみ」を利用して企画された。

 この日は、プロの音楽家たちがヴァイオリン、クラリネット、サックス、マリンバ、ピアノの演奏の仕方を指導。子どもたちは、スタンプラリー形式ですべての楽器を探検してまわった。初めて触る楽器に緊張しながらも、自分の出した音色を楽しんでいた。最後には音楽家たちによるコンサートも行われた。

 小林会長は「音楽の楽しさを感じてくれたらうれしい」と話している。
 

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク