大和版 掲載号:2013年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

身近な情報を声で 録音奉仕会 こだま

社会

身近なニュースを読み上げ録音する島元さん
身近なニュースを読み上げ録音する島元さん

 視覚障害者に向けた朗読・録音を行う「録音奉仕会こだま」(島元美智子会長・16人)は、大和市保健福祉センターを拠点に活動するボランティアグループ。

 新聞などに掲載されている情報を録音テープにして、市内に住む15人の視覚障害者に毎週届ける活動を20年以上続けている。その内容の特徴は、身近な情報を集めている点。

 活動のきっかけは、「広報や議会だよりなどの録音はあるが、もっと気軽な情報もほしい」という視覚障害者の声からだったという。

 録音テープは、毎週金曜日に制作。各会員が1週間の内で新聞の地域欄などに目を通し、「面白い」と思った情報を自分の声で録音し、会合に持ち寄る。その分野は政治、経済から料理まで幅広い。編集会議を経て、1分から2分程度のネタを60分のテープにまとめる。タイムラグを減らすため、その日の内にポストに投函するのが決まり。

 利用者からは、「市内の情報はもちろん、地域のコンサートなど身近な情報がうれしい」と喜びの声も。島元会長は「毎日が楽しくなる情報を届けたい。要望があれば、今後も続けていきたい」と話している。
 

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク