大和版 掲載号:2013年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

子宮頸がん予防接種者 9割が中断認識 2回目以降は7割超が足踏み

 今年6月から国の方針で積極勧奨が中断している子宮頸がんワクチンの予防接種問題で、大和市が11月8日までに接種後の体調変化に関する状況調査を実施し、回答者の9割が勧奨中断を認識していることが13日、わかった。

 市健康づくり推進課が実施した調査は2011年2月以降にワクチン接種を受けた12〜19歳の女性5202人を対象にアンケート方式で行われた。回答した2274人のうち2045人が勧奨中断を知っていた。

 必要とされる全3回の接種が完了していない213人のうち「3回目まで接種する」が56人、「問題解決まで見送る、検討中」が113人、「希望しない」は44人と判断が分かれたが、接種者の7割以上が2回目や3回目の接種を控えている実態が浮き彫りとなった。

 1024人が接種後に何らかの体調変化があり、15人の症状が今も継続していた。この15人に電話調査したところ、3人の症状が継続していることも分かった。

要望と請願

 子宮頸がんワクチンは2009年10月に国が承認したが、当時は予防に必要とされる半年間で3回の接種を受けるには5万円前後の自己負担が必要だった。

 これを受けて公明党や共産党などを中心に要望の声が高まり、大和市は国に先駆け10年10月から中学生女子を対象に独自の全額助成を開始。11年2月には国が一部助成をはじめた。

 今年4月に予防接種法による定期接種となったものの副反応と見られる健康被害が相次いだため、6月以降は国が勧奨を中断している(12月17日現在)。

 今年6月に大和市議会はワクチン接種の一時中止と早期調査を国に求める請願を採択。9月には学校での子宮頸がん学習の実施と【1】検診対策の強化、【2】接種希望者への対応窓口一本化、【3】健康被害の独自調査―を大和市に求める請願を採択した。いずれの請願もワクチン接種への助成導入を提唱してきた公明党(古澤敏行代表)は反対。共産党は9月以降、賛成にまわった。

 請願を受けて市は独自調査の結果を公表したが、それ以外の進ちょく状況については明らかにしていない。
 

大和版のトップニュース最新6件

ケガ乗り越え 夢の全国

大和高校矢内さん(競歩)

ケガ乗り越え 夢の全国

7月27日号

今週末は阿波おどり

2つの「アメ」で設置促す

大和市保育施設

2つの「アメ」で設置促す

7月20日号

「ギタマン」全国へ

セシリア中高

「ギタマン」全国へ

7月20日号

移駐完了で騒音大幅減

厚木基地

移駐完了で騒音大幅減

7月13日号

七夕に500万人達成

シリウス

七夕に500万人達成

7月13日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク