大和版 掲載号:2014年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

「第38回神奈川大和阿波おどり」の実行委員長に就任した 長谷川 雄一さん 和興建清(株)代表取締役 44歳

「夏まで走り続ける」

 ○…大和の夏の風物詩「神奈川大和阿波おどり」。38回目の今年は7月26日・27日の土日に本大会開催が決まっている。大和商工会議所青年部のメンバーとして「にわか連」の連長を務めてきた実績もあり、昨年11月に実行委員長に就任。すでに第1回の会合を開き、熱い夏を演出する一歩を踏み出した。「歴史あるイベントだからこそ、新しい試みに挑戦したい。まずは大和市民全員に知ってもらうことから始めたいですね」と意気込む。

 ○…祖父が47年前に創業した上草柳のビル総合メンテナンス業「和興建清(株)」の3代目社長に、20年のキャリアを経て40歳で就いた。社員・パート合わせて約100人のスタッフをまとめつつ、地域での活動にも力を入れる。幼い頃から父親の背中に憧れていたため、幼稚園の頃の夢は『ごみ収集車の運転手』。社長となった今も会社のトラックのハンドルを握り、市内各所を走ることも。「夢をかなえたと言っていいんですかね」と笑う。

 ○…高校時代からの趣味はオートバイ。学生の時は毎週末、箱根などの峠を走っていた。「アルバイト代はほとんどバイクに消えていました」と苦笑い。今でも年に数回はコースで練習走行をしているそうだ。動物好きでもあり、自宅では猫2匹とうさぎ2羽がご主人の帰りを待つ。中学生から始めた熱帯魚飼育も継続中。会社の倉庫には水槽がずらりと並んでいるという。「この仕事に就いていなければ、ペットショップに勤めていたかもしれません」。

 ○…将来の夢は、会社で連を作ること。もともと新橋連に所属し、太鼓を叩いていたこともあって「今でも参加する側(プレーヤー)に回りたい」と微笑む。阿波おどりと出会い、様々な人と出会えたことが最も大きな財産。「祭りを通じて自分も多くのことを学んできた。誇りに思ってもらえるイベントにするため、夏まで走り続けます」。伝統に新たな熱を吹き込む。
 

大和版の人物風土記最新6件

杉間 泰則さん

新しく大和市国際化協会の理事長に就任した

杉間 泰則さん

7月27日号

沢田 耕太郎さん

公所自治会会長を務める

沢田 耕太郎さん

7月20日号

熊田 康則さん

16日開催のヤマトワールドスポーツフェスタで、炬火リレーのアンカーを務める

熊田 康則さん

7月13日号

諸星 俊二さん

県消防救助技術指導大会の「はしご登はん」で優勝し全国大会に出場する

諸星 俊二さん

7月6日号

上田 博久さん

「境川クラブ」の会長(代表マネージャー)を務める

上田 博久さん

6月29日号

古谷 小枝子さん

25周年を迎えた「大和・生と死を考える会」の会長を務める

古谷 小枝子さん

6月22日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク