大和版 掲載号:2014年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

城南信金と見守り協定 市内で8事業者目

 大和市は29日、「地域の見守りと安心できるまちづくりに関する協定」を城南信用金庫と締結した。

 認知症による徘徊(はいかい)や生活困窮による孤立死などの社会問題を、市内をきめ細かに回る事業者の目配りで早期発見することがねらい。

 協定書には、市内に3支店を構える城南信用金庫の職員が、営業訪問などをする中で「郵便ポストに郵便物や新聞がたまっている」など生活状況が日ごろと異なったり、徘徊者と思われる人に気づいたりした場合、市へ通報するなどの内容が盛り込まれている。

 市では、一昨年から地域内の事業者と同協定を進めており、これまでに東京ガス(株)神奈川西支店、生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ、平塚信用金庫など7事業者と協定を結んでいる。

 市によると、大和市内のひとり暮らしの高齢者は昨年4月1日現在で1万885人。認知症に認定されている人は2103人となっている。

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク