大和版 掲載号:2014年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

第1回やまとまちゼミ 明日1日にスタート 街の「プロ」が講座160コマを準備

経済

1月24日号本紙に折り込んだ「第1回やまとまちゼミ」のチラシ
1月24日号本紙に折り込んだ「第1回やまとまちゼミ」のチラシ

 地域の店が1カ月間にわたりミニ講座を開く「第1回やまと得する街のゼミナール」が、明日2月1日(土)から始まる。主催は大和商工会議所(後援/大和市)。

 各店がプロの技術や暮らしへの活用術など、消費者が普段は知る機会のない話を伝える「まちゼミ」の手法は、商店街活性化策として全国に拡大している。県下では、昨年2月と7月に横須賀商工会議所、今年1月に川崎市内の3商店街でまちゼミが開催されている。

 参加店舗は講座日程を決めて合同チラシに掲載し、受講料無料で1〜2時間の講義を開く。原則として各店舗が会場となるため、予約が入らなくてもリスクが少ない。参加店舗が商店街の様に密集していれば、地域の活性化にもなるという。

 主催する大和商工会議所では「この手法が商店街などにも拡大してくれれば」と波及効果にも期待を寄せ、2月に続き秋にも開催を予定している。

 第1回やまとまちゼミには43店舗が参加。全50種類の講座は160コマに及び、27日(木)以外は毎日どこかで講座が開かれる。

 期間中の平日、月曜から金曜日には「FMやまと」にまちゼミ参加店舗が出演する(午後1時35分から10分間)。

 チラシは大和商工会議所(大和市中央)や大和市イベント観光協会(大和駅グリーンぽけっと内)、大和市産業活性課(大和市役所内)、タウンニュース大和支社(大和市鶴間)でも配布している。インターネットでは、大和商工会議所のホームページのほか、私設ブログ(http://ameblo.jp/yamato-machizemi/)、フェイスブックやツイッターなどSNSでも、各店舗が相互に情報発信するよう呼びかけている。

 問い合わせは、大和商工会議所/【電話】046・263・9111へ。
 

大和版のトップニュース最新6件

ケガ乗り越え 夢の全国

大和高校矢内さん(競歩)

ケガ乗り越え 夢の全国

7月27日号

今週末は阿波おどり

2つの「アメ」で設置促す

大和市保育施設

2つの「アメ」で設置促す

7月20日号

「ギタマン」全国へ

セシリア中高

「ギタマン」全国へ

7月20日号

移駐完了で騒音大幅減

厚木基地

移駐完了で騒音大幅減

7月13日号

七夕に500万人達成

シリウス

七夕に500万人達成

7月13日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク