大和版 掲載号:2014年2月14日号 エリアトップへ

全日本プロレス「すわまちおこし」 1800人が興奮 大和市で初のチャリティー大会

掲載号:2014年2月14日号

  • LINE
  • hatena
迫力ある試合を見せた諏訪魔選手(左)
迫力ある試合を見せた諏訪魔選手(左)

 全日本プロレス所属の諏訪魔選手が中心となり企画されたチャリティー大会「すわまちおこしVol・3」が、11日に大和スポーツセンターで1800人を集めて行われた。

 藤沢市出身の諏訪魔選手は、昨年4月に茅ケ崎市、9月に藤沢市で「プロレスを通じた町おこし」を目指して同様のチャリティー大会を開催している。3度目の会場に選んだ大和市は、プロレス観戦や柔道の昇段審査で訪れていた「準地元」。大会にむけて、大和市内の飲食店などを訪れて地域の人々とふれあったり、コンビニエンスストアで一日店長を務めたりと、自ら率先して盛り上げに力を注いできた。

売上を社協に寄付

 全日本プロレスの発表によると、来場者は満員の1800人。当日はシングルス3試合、タッグマッチ4試合が行われ、諏訪魔選手をはじめ曙選手や潮崎豪選手らの迫力ある戦いに、大きな声援と拍手が送られていた。また、大会応援団長を務めた大和市イベントキャラクターの「ヤマトン」も登場。ヤマトンと諏訪魔選手のキャラクターを合体させた「ご当地グッズ」も販売されるなど、大和ならではの地域色の強い大会となった。

 試合の合間に行われたセレモニーでは、諏訪魔選手から大和市社会福祉協議会の高橋政勝会長に、チケットとグッズの売り上げの一部が寄付された。また大会参与の甘利明経済再生担当相も駆けつけ、リング上でマイクを手にあいさつ。ほかのレスラーに負けないほどの拍手を浴びていた。

 大会終了後、諏訪魔選手は「まだ1回目でしかない。いつかこの大和の地で3冠タイトルマッチをやりたい」と力強く話した。次回は11月に、藤沢市でチャリティー大会が予定されているという。

甘利明経済担当相もリングであいさつ
甘利明経済担当相もリングであいさつ

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

投開票所などが一部変更

衆院選

投開票所などが一部変更 政治

ワクチン接種などに配慮

10月22日号

1部残留に望み

大和シルフィード

1部残留に望み スポーツ

2部2位と入替戦

10月22日号

5000人来場

中央林間運ちょこ祭り

5000人来場 文化

クラファンで実現

10月15日号

三浦瑞樹(みずき)投手が育成4位

大和中央クラブ出身

三浦瑞樹(みずき)投手が育成4位 スポーツ

プロ野球ドラフト会議

10月15日号

跳躍競技で好成績

Jr陸上CC

跳躍競技で好成績 スポーツ

松岡晶佑君・志村凛子さん

10月8日号

当選者決まる

プレミアム商品券

当選者決まる 経済

販売は10月18日(月)から

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook