大和版 掲載号:2014年2月21日号 エリアトップへ

薩摩琵琶奏者として活躍する 鎌田 和哉さん(雅号:鎌田薫水) 上草柳出身 42歳

掲載号:2014年2月21日号

  • LINE
  • hatena

心揺さぶる音楽を

 ○…2月22日の午前中は勤労福祉会館で行われる「母親クラブ大会」に出演。午後からは大和市文化連盟主催の「春の文化芸術祭」にも登場する。生まれも育ちも大和市ながら、意外にも市内でのコンサートは数えるほどしか行っていないそうだ。「日本古来の楽器である薩摩琵琶。そう聞くと堅そうなイメージがありますが、肩肘はらずに美しい音色を聴きにきてほしい」と微笑む。

 ○…「帰りに美味しいものを食べさせてもらえるから」。そんな不純な動機で、母親と共に通った詩吟教室。いつしか興味が湧き、6歳から本格的に学び始めた。中学になると詩吟と並行してギターに熱中。高校時代は髪を逆立てたロック少年だったという。20歳の時、2歳年長の兄とユニット「GOODLAVIN,」を結成し、メジャーデビュー。楽曲を提供した縁で、『ケミストリー』の全国ツアーにコーラスとして帯同した経験もあるそうだ。

 ○…薩摩琵琶を始めたのは20歳を過ぎてから。詩吟の土壌があったこともあり、2006年に「第43回日本琵琶楽コンクール」で優勝。08年には文部科学大臣奨励賞も受賞した。これまで上海万博など数々の大舞台で演奏してきたが、最も印象深いのは昨年。敬愛する大久保利通のひ孫と出会った縁から、没後135年の記念式典に出演した時だったという。「会場に来ていたのが、日本の礎を築いた伊藤博文や岩倉具視、西郷隆盛らのひ孫さん達。あまりの緊張で死ぬかと思いました」と苦笑い。

 ○…弟子たちと共に国立劇場で「薫水祭」を開催することが50歳での目標。そのためにも古典音楽のすそ野を広げ、次の世代に継承することも大きな仕事だと感じている。「オファーがあれば小中学校での出張授業もしてみたい。奇をてらわずに、日本人の心を表現できるのが薩摩琵琶の魅力。自分にしかできない心揺さぶる音楽を作り上げたい」。大きな瞳を輝かせた。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

杉山 豊彦さん

3月1日に50周年式典を行う南林間自治会連合会の会長を務める

杉山 豊彦さん

南林間在住 80歳

2月28日号

高野 勝廣さん

第32回大和市生涯学習センターまつりの実行委員長を務める

高野 勝廣さん

福田在住 75歳

2月14日号

広田 志げるさん

健康都市大学講師の最年長で礼法を伝える

広田 志げるさん

市内深見在住 92歳

2月7日号

長谷川 幸雄さん

大和ジュニアソフトテニスクラブで長年指導した

長谷川 幸雄さん

市内中央林間在住 75歳

1月31日号

五味 尚生(ひさお)さん

引地川の清掃活動を続ける「引地川水とみどりの会」の事務局長を務める ゴミといつまでも

五味 尚生(ひさお)さん

草柳在住 55歳

1月24日号

小島 啓義(ひろよし) さん

今年度の神奈川県優良小規模企業者表彰を受けた

小島 啓義(ひろよし) さん

下鶴間在住 42歳

1月17日号

三ツ木 眞知子さん

令和元年度の神奈川県体育功労者賞を受賞した

三ツ木 眞知子さん

つきみ野在住 73歳

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク