大和版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

桜ヶ丘桜まつり実行委員会委員長を務める 小川 政男さん 上和田在住 70歳

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena

子ども達に原風景を

 ○…市内で最も歴史ある桜まつりを開催する実行委員会の委員長。「年数を重ねて今年で42回目になります。桜ヶ丘の名称は、1952年に開業した小田急江ノ島線の桜ヶ丘駅に由来するもの。小さい頃はこの辺を桜株(さくらっかぶ)と呼んでました。名前からみても昔から桜が咲いていたのでしょうね」。実行委員長に就任した年から、プログラムに大道芸を取り入れた。「もう数年になります。地域の子ども達が楽しめるものをと発案しました」。子供会に呼びかけ、今年初めて子どもみこしも登場する。「桜花、大道芸、みこしなどまつりが子どもたちの原風景になっていけば」。言葉の端々から地元への熱い思いが伝わってくる。

 ○…上和田で農家の長男として生まれる。商社に入社し、関西や東海地方で勤務した後、45歳の頃に故郷に戻った。大和駅前で画廊を経営する傍ら、いまでは市内有数のイベントとして定着したやまとプロムナード古民具骨董市の事務局長なども務めた。画廊では作家の企画展等を通して、多くの人たちと出会ったという。その後自宅を改装して店を移転。06年には全版画作品を収蔵していた笹倉鉄平氏の版画ミュージアムをオープンする。「絵は時間がかかるアナログの世界。インターネットでは得られない臨場感のあるものを提供していきたい。それには雰囲気や空間づくりなども大切な要素です」と語る眼差しは温かい。

 ○…今年で6回目を迎える同ミュージアムが主催する子ども絵画大賞。審査委員長は初回から毎回笹倉氏にお願いしている。「昨年は約380人のお子さんから応募がありました。子どもがプロに絵を見てもらえる機会をつくっていきたい」。大人になった時に、一つひとつが豊かな思い出になってくれれば、と願う。「『何かをしなければ、何も生まれない』。いいまち、住みやすいまち…、夢を実現していくには誰かが始めなくては」と力が入った。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

マニング モンタネさん

米海軍厚木航空施設司令官に就任した

マニング モンタネさん

1月15日号

高城 純一さん

2021年やまと成人式で実行委員長を務める

高城 純一さん

大和中学校出身 20歳

1月8日号

渥美 秀樹さん

一般社団法人大和青年会議所の2021年度理事長に就任した

渥美 秀樹さん

38歳

1月1日号

橘田 武さん

県央大和ケータリング協会の会長を務める

橘田 武さん

西鶴間在住 59歳

12月11日号

濱田 和博さん

アメリカ発祥のラケットスポーツ「ピックルボール」のクラブを設立した

濱田 和博さん

下鶴間在住 69歳

12月4日号

白鳥 永夏(えいか)さん

令和2年度大和市文化芸術顕彰 文化芸術未来賞を受賞した

白鳥 永夏(えいか)さん

中央林間在住 37歳

11月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク