大和版 掲載号:2014年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

JAさがみ 新組合長に大川良一氏 第19回通常総代会を開催

通常総代会の様子
通常総代会の様子
 JAさがみ(長嶋喜満代表理事組合長)が5月28日、第19回通常総代会を茅ヶ崎市民文化会館で開催した。さがみ管内の7市1町(藤沢市、茅ケ崎市、寒川町、綾瀬市、大和市、鎌倉市、座間市、海老名市)から書面議決を含む975人の総代が出席。上程された6議案すべてが可決された。また、第1回理事会で大川良一氏が新代表理事組合長に選出された。

 今回提出された議案は、2013年度の事業報告、定款の一部変更、2014年度の事業計画の設定、役員報酬の決定、役員選任、退任理事と退任監事に対する退任慰労金の贈呈についての6点。すべての議案が慎重に審議され、可決された。

 2013年度、JAさがみは第4次都市農業振興戦略「みどりの仲間プラン」の実践、出向く営農相談活動体制(TAC)の強化、農薬の適正使用・管理指導などの徹底に努め、総合経営損益は、税引前剰余金29億4100万円を計上。

 長嶋代表理事組合長は、「JAさがみは今年度で、設立して20年目を迎える節目の年。これを区切りとして貯金残高1兆円の大台達成を目標に掲げ、新たな前進と変革の年と位置づけ、活動を一層強化していく」とあいさつ。自己資本率が16・54%になったことなど高い健全性も報告した。

 今年度の展望としては、相続税の課税強化などにより、農業経営の維持・継続が厳しくなると予想。農業が継続できる制度・税制の確立に向けた運動の強化、新たな視点での営農を積極的に実施するとした。また、同会では「TPP交渉での国会決議の実現と情報開示の徹底を求める特別決議」が行われ、満場一致で採択された。 

 当日は、都市農業の振興にすぐれた業績をあげた農業者を選出。井出弘文さん・井出寿利さん(藤沢市宮原)、二見敏明さん(茅ヶ崎市萩園)、加藤春幸さん(座間市栗原)、武井哲也さん(海老名市本郷)の5人を表彰した。

大和版のローカルニュース最新6件

市民が創る「やまと物語」

8月4日・5日

市民が創る「やまと物語」

7月27日号

宿題に、大人も苦戦

EASTリーグ優勝

シルフィード

EASTリーグ優勝

7月27日号

ヤンゴンで理科教室

緑野FCが優勝

緑野FCが優勝

7月27日号

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

7月27日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク