大和版 掲載号:2014年6月27日号 エリアトップへ

今春発足した大和エコライフ委員会の委員長を務める 高橋 多千美さん 上草柳在住 56歳

掲載号:2014年6月27日号

  • LINE
  • hatena

現状をまず知ろう

 ○…家庭ごみの減少を考えるダンボールコンポスト講習会に続き、7月に遺伝子組み換えと輸入食品についての学習会を開く。環境問題や食に関心のある40代、50代が中心の主婦らが今春立ち上げた会の代表。市民活動センターにも登録した。「人々が便利な生活、快適な生活を求めてきたなかで、弊害が出てきているところもある。次世代にちゃんとしたものを残していくためにいま私たちがしなくてはいけないことがあるのではないか、と思ったのがきっかけです」と発足の動機を語る。「大丈夫?という疑問や不安な気持ちに対し、まずは現状を知ることから始めていきたい」と意気込みを語る。問題があれば解決するのにはどうしたらいいのかも考えていきたい、とその先も見据える。

 ○…北海道生まれ。結婚して大和市に嫁ぐ。歯科衛生士の資格も持つ。「母は農家の娘で手作り派。食卓には必ず手づくりの3品がありました。環境や食への興味は知らず知らずのうちに小さな頃からあったような気がします」。夫の転勤で都内や茨城などにも住むなかで、子育てを通して「安全性」への関心が徐々に高くなったという。生協に入って勉強会などにも積極的に参加するようになった。TPPなどもあり、食を巡る環境はいま大きく変わろうとしている。「『ゆでガエル現象』になっていないだろうか」と危機感を持つ。

 ○…「大和はとても住みやすいところです」とにこやかな笑顔に。子どもを通しての母親同士のつきあいや義父母からの2代にわたるご近所づきあい。「今でも娘のように接していただいて」と声が弾む。ユリの甘い香りが漂う庭には、三つ葉やネギ、バジルのプランターが並び、軒下に吊るされた玉ねぎがのどかな風情。庭先でのバーベキュー、夫と一緒に畑でじゃがいもやナスなどの野菜を作ることも楽しみの一つだ。「家庭が第一というのがやっぱり私のベース。できる何かを伝えていきたい」

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

副島 孔太さん

大和を拠点に活動する硬式野球「BBCスカイホークス」の監督を務める

副島 孔太さん

47歳

1月21日号

板倉 達史さん

やまとオレンジプロジェクトの新代表を務める

板倉 達史さん

大和東在住 33歳

1月14日号

奥山 晃太さん

2022やまと成人式で実行委員長を務める

奥山 晃太さん

上和田在住 20歳

1月7日号

屋比久 盛友さん

一般社団法人大和青年会議所2022年度理事長に就任した

屋比久 盛友さん

南林間在住 39歳

1月1日号

佐々木 倫子(みちこ)さん

日本語教育の研究者で文化庁長官表彰を受けた

佐々木 倫子(みちこ)さん

中央林間在住 77歳

12月24日号

高橋 清さん

相模大塚北自治会会長で永年の功労に対する総務大臣表彰を受賞した

高橋 清さん

桜森在住 80歳

12月17日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook