大和版 掲載号:2014年8月22日号 エリアトップへ

市内在住の小中学生 陸前高田市を訪問 初の「子ども体験事業」

掲載号:2014年8月22日号

  • LINE
  • hatena
「奇跡の一本松」も見学
「奇跡の一本松」も見学

 大和市が今年度から実施した「こども体験事業」として、市内在住・在学の小・中学生30人が8月7日から9日にかけて東日本大震災の被災地である陸前高田市を訪問した。

 この事業は、様々な体験を通じて豊かな感性やリーダーシップを育み、主体的に行動できる青少年の育成を目的にしている。対象は小学5・6年生と中学生。初めての開催にも関わらず、定員30人に対し56人から応募があり、抽選が行われるほどの人気だった。

 企画運営を担ったのは、公募によって集まった20代を中心とした5人の青年実行委員。4月24日から12回に渡る会議を開き、陸前高田市と協議を重ねて現地での行動予定などを立てたという。

「被災地の今」学ぶ

 陸前高田市を訪れた一行は、同市の仮設住宅を訪問。住民らから指導を受けながら、地元名産のホタテやワカメを使った料理を作って会食し、地域に伝わる踊りなども一緒に踊って交流を楽しんだ。また、被災地の現状を知るため、旧市街地を震災前の写真と見比べて歩いたり、「奇跡の一本松」を見学したりした。同市の伝統行事「うごく七夕まつり」にも参加。地域の人たちと一緒に山車を引きながら市内を練り歩いた。

 戸羽太・陸前高田市長による講話の時間では、被災状況や復興に向けた取り組みなどのほか、「今まで当たり前だったことが突然無くなるのが災害。今を、友達を大切にしてくだい」との言葉に真剣に耳を傾けていた。

 今後、参加者は8月24日に事後研修を行い、11月22日に保健福祉センターで開かれる「大和青少年健全育成大会」で、「自分たちが出来ること」などをまとめた研修レポートを発表する予定だという。
 

戸羽太市長(右)の言葉に聞き入る参加者
戸羽太市長(右)の言葉に聞き入る参加者

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

15の夏、笑顔と涙綯交ぜの思い胸に

15の夏、笑顔と涙綯交ぜの思い胸に スポーツ

大和市中学校夏季交流大会はじまる

8月7日号

修学旅行、中止に

市立小・中学校

修学旅行、中止に 教育

直近の感染拡大傾向影響

8月7日号

市立中学の教科書を選定

市立中学の教科書を選定 教育

理科など5種類を変更

7月31日号

いつもと違う「夏」描いて

いつもと違う「夏」描いて 教育

市内で絵画C(コンクール)の作品募集中

7月31日号

2020はドロー発進

大和シルフィード

2020はドロー発進 スポーツ

4か月遅れでなでしこ開幕

7月24日号

子育て情報 SNSで配信

大和市

子育て情報 SNSで配信 社会

LINE等で登録増狙う

7月24日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク