大和版 掲載号:2014年8月22日号 エリアトップへ

無病息災願い、地域巡り 久田(くでん)地区で「ジャンジャン講」

文化

掲載号:2014年8月22日号

  • LINE
  • hatena
鉦を鳴らしながら33軒の家々をまわった
鉦を鳴らしながら33軒の家々をまわった

 上和田の久田(くでん)地区に伝わる念仏講、別名「ジャンジャン講」が17日午前0時から実施された。

 この行事は、数え年が13歳または14歳の男の子が「子(ね)の刻」(午前0時)に鉦(かね)と数珠を持って地区内の家を回り、鉦を鳴らしながら、無病息災を祈願するもの。

 同地区で150年〜200年前に、仏の供養と人々の健康を願って農家が始めたと伝えられている。名前の由来は鉦の音が「ジャンジャン」と聞こえることから。この行事を経験することで、同地区では大人の仲間入りができるとされている。

 今年、「ジャンジャン講」を務めたのは柏木健人くん(上和田中1年)、渡辺鳳翔(ふうが)くん(桜丘小6年)。2人と保護者らは17日午前0時過ぎから、直径約20cmの鉦を竹ざおにつるして担ぎながら、33軒を回った。

 各家の玄関前では、家人が現れるまで鉦を叩いて鳴らし、出迎えた各家の人たちは「ご苦労さま」などの温かい言葉をかけていた。 柏木くんは「各家の人たちも優しく出迎えてくれた」、渡辺くんは「鉦が重かったけど頑張って持ち続けた」と話していた。
 

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

今年も大和が熱くなる

今年も大和が熱くなる 文化

7/27・28 神奈川大和阿波おどり

7月19日号

今年はマイうちわで

今年はマイうちわで 文化

シリウスで阿波おどり応援企画

7月19日号

花翠流の舞踊発表会

入場無料

花翠流の舞踊発表会 文化

21日 シリウスメインホール

7月19日号

阿波おどり振興協会副会長 栗城健

阿波おどり振興協会副会長 小幡秀造

阿波おどり振興協会会長 岸幸博

阿波おどり実行委員会実行委員長 長谷川雄一

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク