大和版 掲載号:2014年9月12日号 エリアトップへ

闇夜に響く、厳かな鉦(かね)の音 上和田薬王院で「双盤念仏」

掲載号:2014年9月12日号

  • LINE
  • hatena
抑揚のついた念仏を唱えながら鉦を叩く
抑揚のついた念仏を唱えながら鉦を叩く

 大和市上和田の薬王院で7日と8日に縁日が開かれ、市の重要無形民俗文化財に指定されている「双盤念仏」が披露された。

 この念仏は、「双盤鉦(がね)」という鉦と太鼓の音に合わせて、「阿弥陀仏」の名を繰り返し唱えるもの。薬王院の「双盤念仏」は、江戸時代中期に鎌倉光明寺から伝わったものとされ、無病息災、家運隆昌のご利益があると言われている。

 この伝統行事を保存伝承しているのが上和田薬王院双盤念仏保存会(小川新次会長)。1978年に市から重要無形民俗文化財に指定されたのを機に地元有志が立ち上げたもので、現在は80代から30代のメンバー約20人が所属。7月半ばから集まって練習を重ねてきたという。

 双盤念仏は縁日の2日間で複数回披露され、8日の午後7時からは近隣にある信法寺の住職とともに回向が実施された。多くの近隣住民が集まる中、40分近くに渡り、念仏とともに鉦と太鼓の音が闇夜に高く響き渡った。

 また、薬王院の本尊の薬師如来が眼病に霊験ありとされていることから、境内では「薬師生姜」という芽ショウガが販売され、多くの人が買い求めていた。

 同院の薬師如来像は秘仏で、12年に一度、寅年にのみ開帳されているが、申年には半分だけ本尊の扉が開けられる「半開帳」が実施される。次回の半開帳は2016年。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

大河や渋谷氏にも言及

「大和の心」がフォーラム

大河や渋谷氏にも言及 社会

新年らしく神楽や薩摩琵琶も

1月28日号

延焼食い止めに感謝状

延焼食い止めに感謝状 経済

共同カイテック

1月28日号

色で健康を整える

色で健康を整える 文化

中央林間在住 南さんが新刊出版

1月28日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月28日号

織り姫を募集中

湘南ひらつか七夕まつり

織り姫を募集中 社会

1月31日締切

1月28日号

地元酒蔵の魅力一冊に

地元酒蔵の魅力一冊に 社会

神奈川新聞の連載書籍化

1月28日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook