大和版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

20回の節目を迎えた「歌声の会・青麦」の代表を務める 松本 みやこさん 中央林間在住 66歳

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena

歌は人を笑顔にできる

 ○…今から7年ほど前、地元で活動する「緑野歌声サークル」に出会った。幼い頃から歌好きで、結婚後に声楽を学んだこともあり即座に入会を決めた。「最初は参加する側でしたが、いつしか前で盛り上げる役にされてしまって」と笑う。そこで目にした参加者の満足そうな笑顔に感動を覚えた。「もっと大きいステージに立てたら、もっと喜んでもらえるかな」。そんな思いから「歌声の会・青麦」を2010年に設立した。

 ○…手づくりの歌本を手に、皆で楽しく歌う「青麦」の活動は2か月に1度。会場は市内の各学習センターだ。1番こだわったのはピアノ・ベース・ドラムによるプロの生バンド。「良い音で歌うと、それだけで上手くなった気分になれるでしょ」と、いたずらっぽく笑う。動員は毎回60人ほどだが、昨年暮れには約百人の来場者も記録した。また、9月28日に行う節目の20回目は、人気男性合唱団「ゆうふぉ〜」の出演もあり、200枚の前売り券が完売したという。「どうなるかは当日まで分からないですが、認知度が高まっていることが素直に嬉しいですね」

 ○…音楽と並行している趣味は、8年ほど続けている川柳と俳句。市と市教育委員会が主催する大和市さくら文芸祭で、短歌、俳句とも最優秀賞の受賞経験があるそうだ。今でこそ元気そのものだが、数年前に身体のだるさを感じ、病院に行くと「アルコール性肝炎」と診断された。原因はビールの飲み過ぎ。聞けば、料理をしながら350ミリリットル缶を1日5本飲むのが日課だったとか。「変なところでも一途なんです」と苦笑する。

 ○…今後の目標は全ての回を満員にしていくこと。すでに21回目を12月に林間学習センターで行うことが決まっている。「何回でゴールとも決めないし、誰かに継いでもらう気もない。その時その時、ベストを尽くしていく。歌を歌っていると身体の中の悪いものが出ていく気になりますよ」。満面の笑みが浮かんだ。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

高木 秀明さん

相鉄線大和駅・瀬谷駅・三ツ境駅の駅長を務める

高木 秀明さん

横浜市泉区在住 49歳

11月26日号

冨山 健さん

新しく大和税務署の署長に就任した

冨山 健さん

横浜市在住 60歳

11月19日号

太栄志(ふとりひでし)さん

第49回衆議院議員選挙で神奈川13区から初当選を果たした

太栄志(ふとりひでし)さん

中央林間在住 44歳

11月12日号

山縣 貴絵さん

大和市を拠点に活動する唯一のナーシングドゥーラの

山縣 貴絵さん

桜森勤務 34歳

10月29日号

荻原 英人さん

第55代大和警察署長に着任した

荻原 英人さん

大和東在住 55歳

10月22日号

安保 弘豊さん

中央林間で10月9日、10日に開く「運ちょこ祭り」の発起人を務める

安保 弘豊さん

中央林間在住 49歳

10月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook