大和版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

伝統継承、若者と共に 凧(たこ)あげ同好会が文化祭に参加

文化

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena
美術部、書道部の生徒と宮久保凧あげ同好会のメンバー
美術部、書道部の生徒と宮久保凧あげ同好会のメンバー

 県立大和南高等学校(宍戸章子校長・上和田)で12日と13日に行われた文化祭「南湘祭」に、地域の風習を伝承している「宮久保凧(たこ)あげ同好会」(神谷榮一会長・16人)が協力。同会の作成した凧が、教室や廊下を彩った。

 この催しは大和南高校の戸塚義孝教諭(56)が、上和田の宮久保地域で「祝い凧」の風習が続いていることを知ったのがきっかけ。「祝い凧」とは、前年に誕生した男児の名前を書いた凧を初節供にあげて健やかな成長を願うもので、大和市内では唯一、宮久保凧あげ同好会だけが行っている。

 「地元に根付く素晴らしい行事。生徒たちにも知ってもらい、伝承のお手伝いをしたい」。そう考えた戸塚教諭が神谷会長に協力を要請し、快諾を得た。当初は一緒に凧作りをすることを企画したが、制作に時間がかかることから今年は断念。ただ、来年以降の実現を見据え、同会が作成した高さ180cmほどの武者凧など12点を教室や廊下に展示し、生徒に実際に見てもらうことにしたという。

 神谷会長は「地域の伝統や凧に興味を持ってもらえて嬉しい。生徒たちと一緒に凧作りを行い、作り方を覚えてもらえたら心強い」と笑顔で話していた。

 また、戸塚教諭も「今年は地域との関係づくりの第一歩になったと思う。来年の文化祭では美術部の生徒が描いた絵や、書道部の生徒による書を凧にして、校庭であげてみたい」と話している。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

足跡辿り、交流に思い馳せ

足跡辿り、交流に思い馳せ 社会

大和日中友好協会が30周年

12月3日号

常泉寺に感謝状

神奈川県警

常泉寺に感謝状 社会

犯罪被害者支援に対して

12月3日号

最優秀拡大褒賞を初受賞

大和青年会議所

最優秀拡大褒賞を初受賞 社会

会員数増員率が県内1位

12月3日号

政府対策に「迅速対応」

大和市

政府対策に「迅速対応」 経済

年内給付「想定して準備」

11月26日号

打ち上げ花火に初挑戦

緑野小PTA

打ち上げ花火に初挑戦 教育

児童に笑顔と思い出を

11月26日号

渋谷西ブロック始動

地域安全活動重点地区

渋谷西ブロック始動 コミュニティ社会

防犯・防火意識を地域で徹底

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook