大和版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

「被害、繰り返さないで」 陸前高田市消防団員が講演

社会

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena
消防団の法被姿で講演した佐藤氏(左)と及川氏(右)
消防団の法被姿で講演した佐藤氏(左)と及川氏(右)

 死者1556人、行方不明者207人―。2011年3月11日に発生した東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市の消防団員を招いた講演会が24日に勤労福祉会館で開かれ、約30人が参加した。主催は一般社団法人やまと災害ボランティアネットワーク(市原信行代表)。

 講演を行ったのは陸前高田市消防団で副本部長を務める及川満伸氏(51)と佐藤一男氏(49)。

 及川氏は、同市消防本部屋上で撮影された津波が迫ってくる瞬間、津波により大破した消防車や街の姿などの写真を用いて被害状況や当時の様子を説明。「『動けるのに逃げない人』のために、多くの消防団員や町内会長の命が失われた。まだ思い出すのはつらいが、災害時のルール作りを徹底していかなければならない」と語った。

 主に避難所での生活について講演した佐藤氏は、大人数が一カ所で生活する苦労や、運営の手法などを自らの経験をもとに説明。「大規模災害時は行政職員も被災者。彼らや自衛隊が何とかしてくれると思わずに、数日は自分たちで運営しなければならない。どのように誰がまとめるのかを、普段から話しあっておくことが重要」と訴えた。災害時の備えとしてラジオを持つことや、車の燃料を常に半分以下にしないなどの心構えについても話した。また現在、陸前高田市で行われている津波到達点上に桜を植樹し、震災を後世に伝えるプロジェクト「桜ライン311」についても言及。協力を呼びかけた。

 及川氏は最後に「家族を守れるのは自分。普段から対策を考えておくことが防災につながる。少しずつでも取り組んでもらい、このような被害を繰り返さないでほしい」と訴えた。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

県都市緑化功労者を受賞

千本桜桜を守る会

県都市緑化功労者を受賞 社会

コロナ影響、表彰式は中止

9月24日号

SOMPOひまわり生命とタッグ

大和シルフィード

SOMPOひまわり生命とタッグ スポーツ

「健康」メインにパートナー契約

9月24日号

100歳以上は95人

もうすぐ敬老の日

100歳以上は95人 社会

市内最高齢は109歳の女性

9月17日号

在宅救急隊を始動

大和市消防本部

在宅救急隊を始動 社会

救急搬送待ちを回避

9月17日号

商議所で職域接種

新型コロナワクチン

商議所で職域接種 社会

3000人分を確保

9月10日号

西堀さん(光丘中1年)が日本一

西堀さん(光丘中1年)が日本一 教育

全日本Jrクラシック・ピアノ部門

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook