大和版 掲載号:2014年12月12日号 エリアトップへ

「柳とあそぼう引地川」 昆虫学会で発表 11年にわたりハグロトンボを調査

教育

掲載号:2014年12月12日号

  • LINE
  • hatena
▲引地川の紹介や調査方法などについても詳しく解説された
▲引地川の紹介や調査方法などについても詳しく解説された

 引地川に生息するハグロトンボを調査している市民団体「柳とあそぼう引地川」(飯塚栄子部会長・会員18人)が6日、東京農業大学厚木キャンパスで開かれた日本昆虫学会関東支部の大会で研究成果を発表した。

 「柳とあそぼう引地川」は泉の森を中心に活動する「しらかしのいえボランティア協議会」の部会のひとつで1995年に発足。引地川の自然護岸の保全と生息生物の調査をしている。

 同団体がハグロトンボの調査を始めたのは2004年。ハグロトンボは、体長約 60㎜で胴体が細く、羽が黒いのが特徴。平地の小川などに広く生息していたが、1975年には大和市から姿を消したとされていた。それが2004年に引地川で大量に観測されたことをきっかけに、原因などを調べるために調査隊を発足。専門家にも指導を仰いだ。

 成虫の個体数がピークを迎える7月と8月の年2回、観測を開始。11年にわたり、山下橋からふれあい広場までの2・7Kmを12区間にわけて、右岸、左岸2人1組にわかれ個体数をカウントし続けてきた。

市民による科学活動に期待

 今回の学会には関東を拠点に全国で昆虫をテーマに研究調査している18団体が参加した。飯塚部会長とメンバー2人がプレゼンターとして、11年間の個体数の推移をグラフ化し、集中豪雨や水生植物などの自然環境の変化による増減についても講演した。

 同調査に携わってきた東京農業大学昆虫学研究室客員研究員の田口正男さんは「日本で環境市民活動の成果が学会発表に結びついているのは先駆的ですばらしい」とコメント。飯塚部会長は「市民、行政を含め、引地川の自然護岸保全に関わってきた多くの協力により実現できた調査だと思います。今後も取り組んでいきたい」と話していた。
 

◀羽が黒いのが特徴のハグロトンボ
◀羽が黒いのが特徴のハグロトンボ

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

13.9億円を補正

6月定例会

13.9億円を補正 政治

コロナ向け、緊急経済対策

6月5日号

「屋外」から順次再開

割タイトル

「屋外」から順次再開 社会

「3密」懸念施設は30日以降

6月5日号

分散登校で学校再開

大和市

分散登校で学校再開 教育

6月1日から段階的に

5月29日号

「市内事業者を救え‼」

大和JC

「市内事業者を救え‼」 経済

CF立ち上げ、寄付募る

5月29日号

「県への申請 忘れずに」

拡大防止協力金

「県への申請 忘れずに」 経済

市独自の上乗せ金に必須

5月22日号

待機児童数 5年連続ゼロ

大和市

待機児童数 5年連続ゼロ 社会

保育所の整備を推進

5月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク