大和版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

大和の観光資源を発掘 市民団体が「龍」を巡るHP作成

文化

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
「十龍めぐり」のホームページを紹介する上田代表
「十龍めぐり」のホームページを紹介する上田代表

 大和市の観光資源を探し出し、新しい形で企画提案するため、昨年2月に発足した市民団体「大和市の観光資源を発掘、企画する会」(上田康史代表)。同会では大和市内の寺社仏閣にある「龍」の彫り物に注目。昨年12月に「大和十龍めぐり」と題したホームページを開設した。

 このホームページは大和市内にある寺社仏閣の中から、龍の彫り物がある10カ所を紹介したもの。住所はもちろん御祭神や御利益、見どころなどが写真つきで掲載されている。

 上田代表によると今後も更新を続けていき、近隣の名所や飲食店、土産物なども紹介していく予定。また、市内を走るコミュニティバスと協力し、「十龍めぐりツアー」なども企画したいとしている。

大和を観光地に

 下鶴間在住の上田代表は都内で35年間、広告代理店を運営。退職後に鎌倉市の観光活動に関わり、「鎌倉トイレマップ」や観光ガイド本の作成、「鎌倉八龍」のホームページ立ち上げなどを行ってきた。

 自らが住む大和市にも観光客を呼びたいと、昨春にウェブデザイナーやカメラマンなどの仲間たちと「大和市の観光資源を発掘、企画する会」を設立。まず観光地として不可欠なトイレ問題に注目し、昨年11月に「神奈川のお役立ちトイレマップ」を開設。その次に行ったのが「大和十龍めぐり」だったという。

他市との連携も

 現在は「藤沢九龍」のホームページ立ち上げのため、取材・編集を行っている。さらに松蔭大学の教授・生徒の協力を得て、大山(伊勢原市)までこの「龍」の道を伸ばし、「鎌倉・藤沢・大和・大山街道・大山へと続くドラゴンロード」と名付けた県内を縦断する観光拠点づくりも企画中。大和市だけでなく、他市との連携も模索しているそうだ。

 同会は、2月15日(日)にユニコムプラザさがみはら(相模大野)で行われる市民と大学の協働事業を発表する「まちづくりフェスタ」に参加。これまでの取り組みを発表するという。

 上田代表は「今後は多国籍な飲食店が軒を連ねる大和市の特性を活かし、『エスニックタウンやまと』という街おこしにも挑戦したい」と意気込んでいる。

■「大和十龍めぐり」

http://www.yamato-jyuryu.net/

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

「遺贈寄付」の意思を後押し

大和市

「遺贈寄付」の意思を後押し 社会

県司法書士会と協定締結

8月12日号

下鶴間に大規模工場

成城石井

下鶴間に大規模工場 経済

300人雇用 地元還元企画も

8月12日号

6年ぶり県制し、関東へ

つきみ野中女子ソフト

6年ぶり県制し、関東へ スポーツ

全国めざし8日に初戦

8月5日号

お笑いで防犯啓発

大和警察署

お笑いで防犯啓発 社会

芸人が被害者ゼロへ一役

8月5日号

骨粗しょう症検診を開始

大和市

骨粗しょう症検診を開始 社会

女性1万830人が対象

7月29日号

明日3年ぶり本大会

神奈川大和阿波おどり

明日3年ぶり本大会 文化

市内・徳島などから13連

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook