大和版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

女性目線で防災を考える 2月7日にフォーラム

社会

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena

 女性をテーマにした防災フォーラム「女性と防災―被災地の経験から学ぶ」が2月7日(土)に保健福祉センターで開催される。主催は大和市、主管は市国際・男女共同参画課。

 東日本大震災などの経験から、プライバシーが守られないなどの避難所での不自由さ、被災後のパート労働者の解雇など女性は災害による被害を受けやすいことが明らかになってきた。このフォーラムは、災害時に女性であることで生じる課題などを、被災地の経験から学び、男女共同参画の視点で防災を考えることを目的に企画された。

 東日本大震災で被災し、語り部として講演活動を行っている釘子明さん、20代から30代の防災意識の高い女性による有志団体「防災ガール」の代表を務める田中美咲さん、被災地でのボランティア活動を通じ、 避難所などで女性に起きた困難や課題について講演しているNPO法人かながわ女性会議理事長の吉田洋子さんの3人を講師に招く。

講師がディスカッション

 講師による講演の後、講師同士によるパネルディスカッションを行い、女性が不利にならない防災への取り組みについて考える。国際・男女共同参画課では「女性はもちろん、男性も一緒に考えてほしい。大和市の取り組みにも活かしていきたい」と話している。

 時間は午後1時半から午後4時10分まで。定員は350人先着順(無料保育は2歳から就学前児まで先着5人、要申込み)。参加無料。 希望者は氏名(ふりがな)、電話番号、保育希望の有無を記入の上、市国際・男女共同参画課へ【FAX】046・263・2080、又は直接窓口へ。2月6日午後5時締切。

 問い合わせは同課【電話】046・260・5164へ。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

「遺贈寄付」の意思を後押し

大和市

「遺贈寄付」の意思を後押し 社会

県司法書士会と協定締結

8月12日号

下鶴間に大規模工場

成城石井

下鶴間に大規模工場 経済

300人雇用 地元還元企画も

8月12日号

6年ぶり県制し、関東へ

つきみ野中女子ソフト

6年ぶり県制し、関東へ スポーツ

全国めざし8日に初戦

8月5日号

お笑いで防犯啓発

大和警察署

お笑いで防犯啓発 社会

芸人が被害者ゼロへ一役

8月5日号

骨粗しょう症検診を開始

大和市

骨粗しょう症検診を開始 社会

女性1万830人が対象

7月29日号

明日3年ぶり本大会

神奈川大和阿波おどり

明日3年ぶり本大会 文化

市内・徳島などから13連

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook