大和版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

太鼓芸能集団「鼓童」の研修生に合格した 三枝 晴太さん 下鶴間在住 18歳

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

気負わず、夢に前進

 ○…中学生の時に初めて目にした「鼓童」の舞台。その迫力と音圧に魅了され、目標としてきた世界への一歩をこの春に踏み出す。大学進学を目指すための受験勉強と並行して1月に佐渡に渡り、日本中から集まったメンバーと一泊二日の実技試験を受験した。技術や体力だけでなく、礼儀や協調性も審査対象だったが、狭き門を見事に通過した。「今は期待8割、不安2割。早く行きたい」

 ○…母親いわく「生まれた時から演歌、民謡好き」。大和市民まつりで見た太鼓に興味を持ち、小学1年生で下鶴間の「鼓鶴会」に入会した。同年代の友人らが卒業していく中、中学3年まで練習に参加。「和太鼓部がある」との理由で横浜隼人高校に進学した。当時はコンクール入賞歴のほとんどない部活だったが、2年生で部長に就くと県大会で2位、関東大会で金賞を獲得。「いい仲間や後輩に恵まれた結果。周囲の学校は『何が起きたんだ』と思ったでしょうね」と笑う。

 ○…4月からは佐渡に渡り、研修所で2年間の共同生活。帰省できるのは年末年始の6日間のみ。携帯電話なども持ち込めず、外部からの情報は新聞だけという生活だ。当初は反対していた父親も、試験時に一緒に佐渡に渡り、研修生たちの輝く目を見て「ここでの生活は一生の財産になる」と快く送り出してくれたという。研修所では太鼓だけでなく歌や踊り、そして農作業にも従事するそうだが、目下の悩みは料理。「全員の食事を作らないといけないのが不安で。今はリンゴの皮むきから包丁の使い方を練習しています」と苦笑を浮かべる。

 ○…「鼓童」のメンバーになるには、今後いくつかの試験を通っていく必要がある。ただ、「向上心を持って、取り組み続ければ大丈夫」と気負いはない。将来的には、世界を飛び回る演奏家になるのが夢。「太鼓をもっともっと普及させたい。今からワクワクが止まらないですね」

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

川満 美和子さん

大和市倫理法人会の新会長に就任した

川満 美和子さん

南林間在住 51歳

9月10日号

青木 浩一(ひろかず)さん

神奈川県社会保険労務士会厚木支部の支部長に就任した

青木 浩一(ひろかず)さん

海老名市在勤 56歳

9月3日号

安部 正彦さん

神奈川県行政書士会大和・綾瀬支部の支部長に就任した

安部 正彦さん

西鶴間在住 47歳

8月27日号

久野 新一さん

(公社)全日本不動産協会神奈川県本部さがみ支部支部長に就任した

久野 新一さん

相模原市在住 58歳

8月20日号

吉川 精一さん

大和税務署管内団体長会の会長を務める

吉川 精一さん

座間市在住 71歳

8月13日号

山崎 雅文さん

FMやまと(大和ラジオ放送株式会社)の新社長に就任した

山崎 雅文さん

株式会社ニッコー代表取締役 47歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook