大和版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

県内ワースト3の待機児童(その2) 意見広告 横浜見習い汚名返上を 自民党大和市連 政策委員 小田博士

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena

 「働きたくても働けない。子供を預けられない」―。子育て中のママさんから悲痛な声が届きます。延長保育や学童クラブの時間延長など、ママさんが働きやすい環境を整えることは少子化対策としても有効です。

 政府は「待機児童ゼロ」を目標に掲げていますが、大和市内の待機児童数は昨年4月時点で128人もいます。全国の自治体で43番目、神奈川県内では藤沢市、茅ケ崎市に次いで3番目という不名誉な多さです。

 待機児童を減らすには、保育の受け皿を拡大することが第一です。保育所をさらに新増設する必要があります。幼稚園が保育の機能を担う認定こども園が今月、市内で誕生しましたが、積極的に増やすべきです。

 横浜市では、子供の預け先などの相談に応じる「保育コンシェルジュ」を全区役所に配置することで、保育に関する需要と供給のアンバランスを解消し、待機児童の大幅削減につなげました。大和市も見習うべきです。

小田博士事務所

大和市福田5523-6

TEL:046-244-5206
TEL:046-244-5207

http://www.odahiroshi.jp

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の意見広告・議会報告最新6

特別支援学校の通学支援の拡充を!

県政報告

特別支援学校の通学支援の拡充を!

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

10月11日号

立腰(りつよう)と子育て「腰を立てた生活」を考えてみませんか?

県議3期目をスタート

県政報告

県議3期目をスタート

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

5月1日号

「多選自粛」決議の意義

意見広告

「多選自粛」決議の意義

大和市議会議員 小田 博士

4月12日号

大和と綾瀬が歩調を合わせる時ではないか

意見広告

大和と綾瀬が歩調を合わせる時ではないか

笠間 信一郎

4月12日号

政治に女性の力を!

活動報告

政治に女性の力を!

国民民主党・総支部長 太 栄志

4月5日号

人生いつだって真剣勝負

人生いつだって真剣勝負

地域×仕事×健康

3月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

巨匠の思い出語る

巨匠の思い出語る

10月16日 シリウスで美術講演会

10月16日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク