大和版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

やさしい・活力ある大和を 市政報告 地域でのコミュニティを大切に 大和市会議員 青木まさし

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena

 大和市議会議員、青木まさしです。市議会議員として1期4年間が間もなく満期となります。

 さて、4年前を振り返りますと、東日本大震災直後でした。私として、何か出来ることはないのかと考えると同時に、この大和市に大規模自然災害が発災した場合のことを考えさせられました。そして、議席を預かり、4年間は、防災・減災、安全・安心に取り組みました。その中で、地域の力の重要性、防災力・減災力の醸成、少子高齢化社会への対策などに取り組んできました。

【防犯対策】

・街頭防犯カメラ整備事業

小中学校の通学路など市内100カ所に街頭防犯カメラを設置。

・防犯灯設置事業

市民が夜間安心して街を歩けるよう、自治会が維持・管理する防犯灯の電気料・維持管理費に係る補助金を交付。また、自治会から防犯灯の無償譲渡を受け、リース方式により全ての蛍光灯防犯灯がLED化となりました。

【高齢者対策】

・段差の解消

弱者、超高齢化社会を見据えて、歩道と車道の段差の解消。

・健康遊具設置事業

健康増進を図るため、公園に健康遊具を設置。

・高齢者対策・認知症対策予防について

認知症の診断が早期に行われ、速やかに適切な医療介護が受けられる体制をつくるため、来年度より認知症初期集中支援チームを設置します。

・高齢者を狙った犯罪、振り込め詐欺の対策について

市内の知能犯の詐欺に関わる発生件数は増加傾向にあります。振り込め詐欺からの電話を受け付けない簡単な装置があり、その装置のモニターを現在募集中。そして犯罪被害者の心のケアへの取り組みもはじまりました。

・包括ケアの充実

病院をはじめ医師会などとの協力のもと包括ケアシステムの構築

【コミュニティバス】

・コミュニティバス運行事業について

身近な移動手段を持たない市民の移動手段の確保、地域間移動の円滑化を図りました。

【子ども】

・待機児童問題

保育園の増設。

・小児医療費助成制度

通院・入院の医療費を小学校卒業までとしていましたが、平成26年7月から中学校卒業まで拡大。

【防災・減災】

・非常用給水管理事業

災害時における生活に必要な飲料水を確保するため、応急給水用資器材を市内指定避難場所33カ所に整備。

・初期消火用資器材

自主防災組織・市内コンビニにスタンドパイプ消火資器材を配布。そのほか自主防災会への対象となる設備、個人での購入も可能な防災用品、また、感震センサー付きのブレーカーやコンセントも助成の対象になります。

・こども体験事業

被災地こども体験事業を26年度に実施。今年度も継続事業となります。

・被災地復興支援事業

被災者の心のケアとして、阿波踊りに対し合同連にて、仮設住宅を慰問。

・防災意識の向上について岩手県陸前高田市の消防団を招き、消防職・団員向けの講話。災害ボランティア向けの講義を実施。

【大和駅東側第4地区】

大和駅東側第4地区の再開発が行われており、平成28年完成をめざして進捗中。

芸術文化ホール、図書館、子育て支援施設、多目的スペースなどの施設が入り、施設内の健康図書館では健康に関する図書の蔵書や講演会の開催、健康チェックができる器具を整備。各商店会の協力のもと道路整備、渋滞緩和策、プロムナードへ健康遊具の設置などを要望しております。

【河川工事】

・引地川・境川流域の河川工事や雨水・汚水設備の見直し

深見・要石地区の雨水設備の見直し等の取り組みについて要望をしております。

来年度より、境川流域相鉄線橋梁付近や鹿島橋付近、河川の改良にむけ動きを始めます。

【まちづくり・都市計画について】

・改札口新規設置について

大和駅東側プロムナードへ改札口の新規設置を要望しております。

・大和駅周辺施設移転後の土地活用

市の公共施設をはじめとして、いくつかの施設の移転が予定されています。移転後の土地や施設の活用について要望・提案をしております。

商工会議所は、旧南分校跡地のため、学びにも資する子どもセンターのようなものを提案しています。

図書館と生涯学習センターは、現在の方針では、図書館はリニューアルして再利用、生涯学習センターは解体となります。図書館は市民サークル等のスペースとして活用される予定です。また、周辺に自治会館がない地元自治会の活動の場としての配慮を要望しております。

解体後の生涯学習センター跡地は、半分は駐車場、半分は施設に集う市民の憩いの場とし、将来の政策的な需要に対応するための種地として暫定的な整備にとどめるよう提案・要望しております。

そして、地元自治会や商店街、市民の声に耳を傾けていただくようお願いしております。

・中央林間地域のまちづくりについて

ビジュアルを明確にし、市民が憩えるまちにするとともに、活性化へ取り組み、市民・地元自治会などの意見を取り込んだ施策を要望しております。

【落書きやポイ捨て対策について】

・落書き対策について

市民参加型での取り組みを検討していただくようにお願いしています。

・ポイ捨て対策について

空き地などのポイ捨てに対しては、カメラなどの設置を要望しています。

◇◇◇

 今後も、市民目線でホッとできるホットな活力ある街の実現に向け、取り組みます。

青木まさし

〒242-0021 大和市中央4-2-3((有)富士商事内)

TEL:046-262-2166
FAX:046-263-2158

http://ameblo.jp/aoki-masashi/

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の意見広告・議会報告最新6

立腰(りつよう)と子育て「腰を立てた生活」を考えてみませんか?

県議3期目をスタート

県政報告

県議3期目をスタート

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

5月1日号

「多選自粛」決議の意義

意見広告

「多選自粛」決議の意義

大和市議会議員 小田 博士

4月12日号

大和と綾瀬が歩調を合わせる時ではないか

意見広告

大和と綾瀬が歩調を合わせる時ではないか

笠間 信一郎

4月12日号

政治に女性の力を!

活動報告

政治に女性の力を!

国民民主党・総支部長 太 栄志

4月5日号

人生いつだって真剣勝負

人生いつだって真剣勝負

地域×仕事×健康

3月29日号

信念を貫き議会を改革する

市政報告

信念を貫き議会を改革する

大和市議会議員 あかみね 太一(明るいみらい大和)

3月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク