大和版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

市内在住 筑地さん、スカーフ大使に 「若い人に魅力伝えたい」

社会

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
大使に選ばれた筑地さん
大使に選ばれた筑地さん

 横浜開港以来の伝統工芸で、シルク100%の「横浜スカーフ」の魅力発信やPR、認知度向上などを担う「横浜スカーフ親善大使」。今年度新たに大使となる5人のうちの1人にこのほど、市内代官在住の19歳、筑地美南さんが選ばれた。

 横浜スカーフ親善大使は毎年選出されており、今回が4代目となる。今年度は、筑地さんのほか、上野あずささん(25)、古賀幸子さん(41)、酒井昭子さん(49)、石川佑美さん(29)の5人が新しい大使に選ばれた。

 今回は、80人以上の応募の中から、10代から40代の大使が選出された。審査を行った横浜繊維振興会(松村俊幸会長)では「年代ごとにスカーフの魅力を伝えられるのでは」と、筑地さんら選ばれた大使たちに期待を寄せる。

 筑地さんは現在、服飾関係の専門学校に通っている学生。「同世代の若い人たちに、スカーフの魅力を伝えていきたい」と意気込みを語る。

 大使の任期は1年間。5月には横浜赤レンガ倉庫で任命式が行われる。今後は県内外のイベントなどで、横浜スカーフの魅力を伝えていく。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

「県への申請 忘れずに」

拡大防止協力金

「県への申請 忘れずに」 経済

市独自の上乗せ金に必須

5月22日号

待機児童数 5年連続ゼロ

大和市

待機児童数 5年連続ゼロ 社会

保育所の整備を推進

5月22日号

成人式貢献賞を受賞

成人式貢献賞を受賞 社会

7年連続の栄誉

5月15日号

全国初 歯科医も協力

PCR検査

全国初 歯科医も協力 社会

市、医師会と運営支援協定

5月15日号

学校給食の野菜を販売

学校給食の野菜を販売 社会

イオン座間が生産者支援

5月8日号

県協力金に独自上乗せ

大和市

県協力金に独自上乗せ 経済

【Web限定記事】雇用維持に、最大50万円

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク