大和版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

やまと国際交流フェスティバルの実行委員長を務める 岩崎 マリルーさん 福田在住 41歳

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena

「ハートに響く1日に」

 ○…「日本人も外国人も関係ない。私たちは同じこの街で暮らす仲間」。今5月24日に大和駅東側プロムナードで開かれる国際交流イベントのまとめ役を担う。フィリピン、中国など5カ国20人の実行委員で昨年11月から企画を練ってきた。各国の舞踊を紹介したステージや文化体験コーナーなど内容も工夫を凝らしたという。「見て食べて終わりにしない、ハートに響く1日にしたい」

 〇…フィリピンから来日して17年。大和市国際化協会の「タガログ語」の通訳員として活動している。市内に住む外国につながる子どもたちの教育相談員も担当。「日本にきたばかりの子は、言葉や文化の違いによるストレスが大きい。私にしかできないことがある」。学校から要請があれば駆けつけ、家庭訪問や学校便りの翻訳も担う。常に笑顔を絶やさず、全力で取り組む姿に教員からの信頼も厚い。「子どもたちが笑顔でいられる場所をたくさん作りたいから」

 ○…マニラ空港のそば、パランニャケ市出身。4姉妹の3番目に生まれる。高校時代には、チアリーディングクラブに所属、大会でも活躍したという。大学ではスチュワーデスを目指し、ツーリズムを専攻。ところが、18歳の時に腹痛に襲われ、緊急搬送。九死に一生を得たが、治療費を払うために大学は諦めた。「母を助けたい」と23歳で日本へ。自動車工場などで一心不乱に働いた。翌年、最愛の夫に出会い結婚。「ユーモアがあって優しい人。この人とならこの地でも頑張れる」

 ○…日本食にもすっかり馴染んだが、やっぱり故郷の味はジャックフルーツと豚肉をココナッツミルクで煮込んだ家庭料理。「言わなくても母が来日する際には必ず持ってきてくれるの」。現在、妹や姪っ子たちがホームステイ中。銭湯など日本文化を紹介して回っているという。「どこにいても神様が見守ってくれている。だから私は幸せよ」と微笑んだ。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

中村 健一さん

「私とティアンとイーサン食堂」を文芸社から出版した

中村 健一さん

南林間在住 57歳

9月24日号

川満 美和子さん

大和市倫理法人会の新会長に就任した

川満 美和子さん

南林間在住 51歳

9月10日号

青木 浩一(ひろかず)さん

神奈川県社会保険労務士会厚木支部の支部長に就任した

青木 浩一(ひろかず)さん

海老名市在勤 56歳

9月3日号

安部 正彦さん

神奈川県行政書士会大和・綾瀬支部の支部長に就任した

安部 正彦さん

西鶴間在住 47歳

8月27日号

久野 新一さん

(公社)全日本不動産協会神奈川県本部さがみ支部支部長に就任した

久野 新一さん

相模原市在住 58歳

8月20日号

吉川 精一さん

大和税務署管内団体長会の会長を務める

吉川 精一さん

座間市在住 71歳

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook